万博その後と周辺情報を50のルポで紹介。開催期間中の思い出は210のルポでふりかえってください!


by akobei2004
カレンダー

2005年 04月 20日 ( 2 )

d0012252_20422847.jpg
d0012252_20421297.jpg

ワンダーホイール展・覧・車(企業パビリオンA)5段階評価
満足度=2 お勉強度=2 娯楽度=4(観覧車ですから) 疲労回復度=5 


日本自動車工業会が企業パビリオンとして出展しました
観覧車のカーゴの中から赤い外壁の内側の壁に映し出された
映像を見て自動車の歴史?を学びます

写真はカーゴの内側から壁の映像を撮ったのですが
壁が鏡にもなっているようで、映像とカーゴの両方が映りました

しかしこういう形では、見せる内容も量も限度があります
展示は思った以上に少なく、お??と思ったら
屋外に出て、写真のようなとってもよい眺めを見ることができます

観覧車を降りると、車関係の展示が少しだけあります
車に興味のある方は、懸命に見ていましたが私は素通りでした

観覧車があの速さで動くので、同じ時間で入場できる人数が少なく
他のパビリオンより、行列が短くてもなかなか進みません
TDLのダンボみたいなものです

「パビリオンを見る」のではなく「観覧車から会場を見下ろす」という
つもりで入場されることをオススメします

どうも、愛・地球博を象徴するような外観の建物は
パビリオンの内容の満足度はイマイチみたいな気がします

車椅子で観覧車に乗るのも可能です。
車椅子で乗る場合、一度観覧車を止めて
アテンダントが車椅子を運び入れます。
もし観覧車が急に止まったら車椅子搭乗中ということです。
故障だと心配されませんように
[PR]
by akobei2004 | 2005-04-20 20:44 | 企業パビリオンゾーンA
d0012252_17475091.jpg
晴天の万博日和でこの日は、入場者七万人あまり

写真はモリゾー・キッコロメッセで開催されている
「ものづくりランドシンフォニア」か
「ロボットステーション」のどちらか
(すいません、記憶がさだかでないのです)の映像

双方とも参加型の展示で内容も充実しているし、
ハイテクロボットのデモンストレーションなのに
ここは観客が男児一人だけでした

貸しきり状態で対話形式で話が出来て、彼が面白かったのか
立ち去ることも出来なかったのかどちらかわかりません
とにかく、ずっと一人だけでした

地球市民村も内容の濃さに反比例して閑散としていました
とっても残念ですが、それも愛・地球博が「万国」博覧会だからかも。

愛・地球博の入場料は3000円~4000円
世界との交流を目指してきた人たちには、外国館を回らないと
コストパフォーマンス的に合格点が取れないと感じても
しょうがないかもしれない


でも・・・娯楽度もお勉強度も満足度も高いのに
なんかもったいない気がしました

追加情報
来場者が常に十万人を超えるようになり、モリゾーとキッコロメッセも
こんなにすいていることは減ってきました・・
[PR]
by akobei2004 | 2005-04-20 17:48 | 遊びと参加ゾーン