万博その後と周辺情報を50のルポで紹介。開催期間中の思い出は210のルポでふりかえってください!


by akobei2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
d0012252_2031441.jpg
写真はチャイルドケアロボット「パペロ」
遊びと参加のゾーンのロボットステーションにいます


公式サイトによると
パペロは子どもの声を認識して会話や動作を行うとあります


行ったときはアテンダントのお姉さんが説明していました
肩を触ると、そちら側に顔を向けていました
大人でも触ることは出来ます

子どもたちは十時半から夕方ぐらいまで一日に何度か
定員十二人で、
アテンダントのお姉さんの指導でパペロと遊べます

子どもたちが「物真似して~」とパペロにいうと

「電子レンジのまねをします・・・・チーン」
「おならの音のまねをします・・・ブ~~」

と反応するのですが、その、チーンとかブーッの音が
まさに、そのものの生々しい音なので
子どもたちに大好評
そのほか、かなりの言葉を判別できます


十万人を超えるときでも、このゾーンは人が少ないのでねらい目
警備ロボット、掃除ロボット、恐竜ロボットなどのデモも多いので
楽しく過ごせます

工作コーナーなどもあるし、遊園地遊具なども近くにあるので、
ちょっと万博らしくはないのですが、子供づれにはオススメです
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-27 20:33 | 遊びと参加ゾーン
d0012252_17242637.jpg

写真はウールでできたぬいぐるみ(2000円ぐらい)
グローバル・コモン1、中央アジア共同館で販売していました



最初は山のようにありましたが、昨日行ったらかなり数が
減っていました
気に入った人はお早めにどうぞ


羊毛を糸にせずに形を作り中に詰め物をするそうで
ほとんど縫い目がありません
この羊?さんの縫い目はおなかの部分だけです
フエルトで作ったのかと思っていたのですが違ってました


同様の作り方のボール(一つ700円ぐらい?)もありましたが
こちらは縫い目がありませんでした

どちらも、異国情緒漂う色使いとデザインで
とっても魅力的

羊毛を固めて形作った(そのためやっぱり縫い目が無い)スリッパも
ありました。こちらは3000円
温かそうで不思議な雰囲気をかもし出していました
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-26 17:28 | オススメお土産
d0012252_1885620.jpg
写真はグローバル・コモン1のイラン館のイラン茶コーナーで
手際よくイラン紅茶(200円)をサービスしていた男性
実物のほうがハンサムです


日本語ペラペラでしかも愛嬌たっぷり
でも愛嬌良すぎの妙な毒々しさはなく
あっさりした雰囲気がナイスでした

「写真をとってもいい?」ときいたらドイツ館のイケメン君と
同じようにピースサインを出してポーズしてくれました
彼と違うのは、ちゃんと左手にイラン紅茶を持っているところ

自分の任務を忘れずに被写体になるところが
プロ根性があるみたいで好感が持てました

[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-25 18:09 | 世界イケメン選手権
d0012252_13221766.jpg
写真は西エントランス公式ショップで販売していた
モリゾーとキッコロのパペット。一体1600円


一体1600円というと万博土産では若干高めのほうです
それでも若い女性には大人気のお土産です

手にとって見ると思ったより大きめでした
とっても表情がかわいいく、その肌触りの良さも魅力かも・・

同じ公式のモリコログッズでも、顔の可愛さが微妙に違います
顔がかわいいかどうかが、若い女性の人気を左右しているようです

報道によると、グローバルループのワゴンで
販売されているものと若干違うようです

こちらは音は出ませんが、キッコロの頭の毛みたいな部分が
ちょっとだけ動かせます

パペットマペット風に、モリコロで寸劇をしてみましょう

[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-24 13:24 | オススメお土産
d0012252_184652100.jpg
写真はグローバル・コモン5アフリカ共同館のジブチ共和国の展示
この国の食料自給率はわずか3%!

日本が低いと言ってもココまで低くはないから
驚きました

日本から農業普及のための指導に行っているとか
写真は、ジブチの農業拠点のミニチュアのようです

パビリオン内の端っこに、ひっそりと展示されていましたが
見つけたときはなんか、ぐさりときました


ミニチュアのつくりの素朴さがかえって説得力があります

それにしても、こういう国にも日本人が活躍されていると思うと
頭が下がる思いです
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-23 15:47 | グローバル・コモン5
d0012252_18201687.jpg
グローバル・コモン5のアフリカ共同館前にあるアフリカ料理の店で
販売していたトロピカルジュース350円


赤い濃い色の内容物が多いような見かけだったので、
グアバとかネクターとか(名古屋人の40歳以上なら分かるかも)
そんなアフリカチックな濃さ、どろどろの舌触りを予想していましたが
グレープフルーツベースのさっぱりした味でした

後味さっぱりで、ビタミンCが多いかんじでヘルシー♪

どこがトロピカルなのかよく分かりませんでしたが
夏場にはぴったりの味でした
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-22 16:08 | 愛・地球博グルメ?!
d0012252_1834172.jpg
d0012252_1845334.jpg





国連館(グローバル・コモン2)5段階評価
満足度=3 お勉強度=5 娯楽度=3 疲労回復度=2


写真左はメインの展示のシアター。
外国館などのパビリオンの中では、おそらく最大級のスクリーンで
自然や環境などの多様性を表現した8分間の「多様性の祝祭」と題した
映像が流れます

幅が10メートル近くあるスクリーンが四角く配されそこにうつっています
題材は重めで、子どもには少しむずかしめかな??

個人的に気に入ったのは、パビリオン奥にある写真右の
「内臓肥満をウエスト周囲を計ってチェックしよう」というコーナー
自分のおなかのサイズのヒモを探し当てウエストサイズを知り
簡単に内臓肥満度をチェックできるものです
このコーナーだけは人だかりが出来ていました

[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-21 16:48 | グローバル・コモン2
d0012252_17424823.jpg
チュニジア館(グローバル・コモン3)5段階評価
満足度=3 お勉強度=2 娯楽度=3 疲労回復度=2



比較的地味な存在のグローバル・コモン3のチュニジア館
展示そのものは少ないのですが、
チュニジアンブルーの美しさは必見です

私が行ったときは、チュニジア人職人が
小さなつぼに名前を書いてくれていました(どうも毎日ではなさそう)

でもこれは、焼く前の粘土状のもので
「一日たったら出来上がります」と説明していましたが
翌日に来れる人はほとんどおらず、焼く前のやわらかいツボを
皆さん、大事そうに持って、館内を回っていました

印象的な展示が少なかったのですが二階には
アートの展示と、写真のような町並みの再現が・・
チュニジアンブルーの美しさが映える雰囲気です

二階は穴場なので、人も少ないので記念撮影にもぴったり
異国情緒漂う別世界での雰囲気での撮影はいかが??

[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-20 17:43 | グローバル・コモン3
d0012252_1848473.jpg
写真は「蒸しきんつば」
9個入り680円。甘みを抑えた上品な味でお茶請けにぴったり。
五十代以上の女性が買っていくことが多いそうです


西ゲート近くの公式記念品ショップ(西エントランス最上階)で
販売されていました(他の公式記念ショップにもあるかも)
値段も手ごろだし、パッケージのモリコロが「いかにも万博土産」ってかんじで
いいですね。


よ~く見ると、きんつば本体にも、モリコロの姿がレリーフのように
ついています・・

きんつばというと、厚みが1・5センチぐらいあるのしか
知らなかったんですが、このきんつばは、ぱっと見はかわらないけど
厚みが6~7ミリと薄い・・・
あらっ?とも思ったけど、かえって食べやすく感じました


軽くてかさ高いので、持ち運びやすくみやげ物としての体面も保っている

そんなところが魅力のお土産です
おばあちゃんへのお土産にいかがですか??
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-19 18:49 | オススメお土産
d0012252_21255721.jpg
写真は中米共同館の出口付近で販売していた
記念Tシャツ。
白いTシャツの胸元にそれぞれ、各国を象徴するデザインが
プリントされています

一枚2800円、2枚5000円、7枚15000円・・
とてもおおざっぱな「お得なまとめ買い価格」です

(価格は六月中旬のもの。変わっているかも)

個人的には、こういうさりげない異国情緒がある
デザインが好きです
「日本人がデザインしていない」と思わせるところがいいですね
手前のものはグアテマラのTシャツです

しかも万博終了後に着用していても、万博ソウロウじゃないから平気!
少なくとも、モリゾーキッコロTシャツよりは長い期間着られそう


実用的なお土産としてイチオシです
でも買っていないので、洗濯に強いかどうかは分かりません・・
(スイマセン・・・)
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-18 21:28 | オススメお土産
d0012252_19324382.jpg
写真はサウジアラビア館のメインの展示
とっても現代的でキレイです。このパビリオンは
入口を入るとすぐに七十年前の貨物船のレプリカが飾ってあるのが
手前の壷たち・・

そしてそこに香るのが、ビャクダンの香り(日本人アテンダントに聞きました)
う~ん、なんか不思議ないい気持ちに・・・



それだけでとっても異国の地に居る気になるんですね

ベトナム館に入ったとたんに,むお~~んとにおったのが、
コリアンダーのにおい

夕方で販売ブースの人がベトナム麺(フォー)を食べたたので
におってきたようです
これはタイ館のレストラン前の香りと同じ。タイ語ではパクチー

私は平気なんですが、パクチーの臭いは
嫌いな人は「どうしても受け入れられないっ」という臭いらしい


各国パビリオンに入ると、独特のにおいがするところが多い
展示やアテンダントの美しさだけでなく、香りにも注目してください
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-17 19:36 | 会場に行く前に必見!!
d0012252_1132798.jpg
写真はパキスタン館内にあるパキスタンレストランK2
で食べた2点


右上がチキンティッカロール900円
チキンとたっぷりの野菜をナンで巻いたもの
ケンタッキーフライドチキンに、
これを細くしたメニューがあった記憶が・・


ボリューム満点で、かぶりつくには、おちょぼ口にはちょいとキツイ
比較的万人向きナ味のような気がしました
女性ならこれでおなか一杯になります

左がメニュー名は忘れましたがカレーとナンなどのセット
千数百円(千円台前半)だったような・・
生クリームがかかったかんじが食欲をそそります
ナン4分の1ぐらいと骨付きチキンとわずかにサラダもついていました

このカレールーには、日本で体験したことがない香辛料が入っていました
なんせグルメでないんで、説明ができなくてすいません・・
食べた途端に「ふわっと広がる不思議な香り」(グルメレポーター風)

味は「日本人向けに辛さを抑えた」(NHKで聞きました)ということで、
個人的には好きな味。辛いもの苦手な人でも大丈夫
ただ、香辛料やハーブ系の慣れない香りに弱い人はダメかも

ここだけでなく、特にコモン1にはカレーメニューがいっぱい
会場内のカレーメニューを食べつくすには一週間以上かかるかも
しれません


日本のカレーに飽きた人、不思議体験したい人にはオススメです
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-16 11:33 | 愛・地球博グルメ?!
d0012252_209503.jpg
写真はグローバル・コモン1、カタール館の
ヘナの無料体験のコーナー


民族衣装の女性が腕にヘナでハンドペイントしてくれます
描かれた模様は2~3週間はとれないとか


カタール館は石油関連の現代的で無機質な展示と
このように民俗性がわかるような暖かな展示のコーナーのふたつがあり
後者のほうで体験が出来ます

この時点で待ち時間1時間だったので時間がある人向き
民俗音楽のライブステージもあるので時間が合えばそちらもどうぞ

追加情報
コメントでさまざま情報が寄せられています。必見です!

追加情報その2
ヘナでかぶれたという訴えが相次いだことから、中止になったようだと
コメントがよせられました
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-15 20:11 | グローバル・コモン1
d0012252_1631153.jpg
写真は北ゲート付近にある、
「モリゾーキッコロの出現場所案内」

「せっかく会場に行ったのに会えない」という暑い要望にお応えして
四月下旬に案内板の登場となりました

案内板をよく読むと、遊びと参加のゾーンにいるケースが多いみたい
ちゃんとモリコロのお休み時間も書いてあります


開幕の一年以上前から、あちこちで万博キャンペーンに
東奔西走していたモリコロは
開幕近くになり、人気がうなぎのぼり
いくところ行くところで子どもたちに囲まれるように・・

先日、モリゾーとキッコリメッセ付近に現れたときは
キッコロは力が余っていたらしく、エレベーターから降りてから全力疾走!
(鉄板の通路の上を疾走したのでドタドタとすごい音で思わず振り向きました)

持ち場に立ったとたん、今度は子どもが全力疾走で
キッコロに向かって走ってきました
よほど会いたかったんでしょう。思いっきりタッチしてました

大人気のモリコロの人気がが閉幕後はどうなるかは分かりませんか
とにかく、今は、凄い人気なのは確かです
ファンのご両親は、ゲート付近のこの案内板を見て
会場での計画を立てましょう

[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-14 16:27 | 愛・地球博こぼれ話
d0012252_10271892.jpg
写真はアフリカ共同館の中の、アクセサリー売り場
「ネックレス全部1050円」と書いてありますが
なかには全部400円とかいうのもありました

よく探すと外国館には珍しくてしかも安いお土産が
いっぱい売っています(カテゴリーのオススメお土産を参照)
100円や200円でもお土産は手に入ります

注意が必要なのは

1)安いものは、やっぱり作りが華奢で壊れやすい
2)国が違っても全く同じお土産が売っている


ことです。オススメお土産で紹介したうちの・・

200円のインドネシアの蝶々は、軽く振っていたら軸から取れ
100円の花のブレスレットは数回の使用で花が一つ取れました
200円で買ったボールペンはインクが出なくて交換してもらいました


もちろんすべてがそうだとは限りません。
ただ安いお土産を買うときは、ちょっと注意。
「思い出に買ってきてちょっと楽しかった」と思うかどうか・・かな

もうひとつは、仕入れが同じ場所らしく、
あちこちで同じ製品が売っていること

緑の石はアフリカ共同館内の数カ国で販売してました
しかも同館で販売してた香水ビンや、ヘマタイトのブレスレットは
他のコモンでも見つけてびっくりしました

しかも価格がちょっとずつ違うんですね

そんななか、その国ならではのユニークなお土産を
探し出して楽しむというのだけでも一日かかりそう

これも楽しみ方の一つにしてしまえばいいかもしれません

[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-13 10:28 | 会場に行く前に必見!!
d0012252_14315866.jpg
写真は、中部千年共生村(日本ゾーン)にいるロボット
サイクロプス。語源はギリシア神話の「一つ目の巨人」

「人間と同じような構造の背骨と、五十本の筋肉のやわらかい動き」
とガイドブックにあるけど、ロボットはロボットの硬い動きでした・・
筋肉と言うか、手はぶらんぶらん動いていました
背が高いのですが固定されているので上半身しか動かないかんじです

てっぺんの丸い部分にセンサーがついていて
「センサーが動くものを見つけると、その対象物を追います」

とアテンダントが説明してくれたけど、
このロボットには二度あったけど、どうも調子が良くなかった・・
(人が多すぎたんだろうか・・)

どなたかこのロボットさんと楽しんだ方いませんか?

ちなみに、会場内のロボットのほとんどは、大きさの差はあれほとんどが
人間のように目が二つあります
一つ目で、人間臭くないかんじのはこのロボットだけのような・・・

最近では、屋外で警備ロボットなどさまざまなロボットの
デモが行われています。そちらも楽しみなところです

手塚治のアニメ「鉄腕アトム」の影響でロボット研究者が多いといわれる日本
そのあたりも頭において、ロボットを見てみましょう
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-12 14:36 | センターゾーン・日本ゾーン
d0012252_19583889.jpg

写真はココナッツ羊かん300円(未確認350円だったかな・・)
(六月末時点の価格。名前がココナツだったかだんだん自信がなくなってきた
 ・・・英語表記はsweet bean pasteだったのは確か)
グローバル・コモン5、アフリカ共同館前のレストランで販売しています

「アフリカに羊かんなんてあるんですか?」と売り場の日本人にきいたら
「ないんじゃないですか?こっちで勝手に作ったんだと・・」と応えたけど

ほんとかなあ・・バイトのお姉さんだったし・・
だったらもうちっと羊かんらしい風味があるはず・・

味はコクのある薄いミルクプリン・・てかんじ
食感はゼリーに近い


茶色い色ですが、見た目ほどまずい!というかんじではありません
というか、スキという人もいるかも・・・という味です
意外にも後味がスッキリで栄養豊富そうなので、夏場にもいいかも・・・


私、万博会場では、怖いもの見たさに、今まで食べたことなくて
すごいネーミングのものばっかり食べています
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-11 20:00 | 愛・地球博グルメ?!
d0012252_1011372.jpg
クロアチア館(グローバル・コモン3)5段階評価
満足度=4 お勉強度=4 娯楽度=4 疲労回復度=2(立ったまま映像を見ます)


クロアチア館は、プレショーとのメインショーとも
映像がメインです
塩とクロアチアの人々の生活を独特の視点で描いています

アーティストが描いているのか、癒される気持ちになるのが
なんか不思議。映像関係のパビリオンとしてはトップクラスかも

でも子どもたちにはちょっと物足りないかなあ

特に、メインショーは現地から運び込まれた塩をパビリオンの床に
敷き詰めて(このあたりが未確認情報)、まずそのスペースを歩き二階へ。
そこに映像を写し二階から見るもので
とっても優しい画面です(二階への移動方法もおもしろい)

凧があちこちを旅をして、その凧の視点からの画面をメインに
しており、写真はぶれていますが、海に浮かぶボートのところ
真下を見続ける映像は
私には初めてだったように思います
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-10 10:02 | グローバル・コモン3
d0012252_13401668.jpg
写真はセンターゾーンのバイオラングに飾られれた、
願い事を書いた短冊
当初二万枚ぐらいをメドにしていたのに、締め切りまでに
五万枚の短冊に願い事が書かれてバイオラングに飾られました

バイオラングの真下あたりにいくと
鳴海絞(有松絞り??)を天の川にみたてた飾りつけもされていました

短冊は、八月十日ごろ(テレビによって11日だったり13日だったり)まで
旧暦の七夕まで飾られています
旧暦の七夕なら、雨で織姫と彦星が会えないってことはないのにね

こういう日本の風習みたいなのが、世界にも発信できるといいですね
しかし、こうしたことを外国人に、うまく説明できる日本人が
最近少なくなっているような気がします
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-09 13:41 | センターゾーン・日本ゾーン
d0012252_21194378.jpg
カタール館5段階評価
満足度=3 お勉強度=4(ゆっくり見れたら5) 娯楽度=3(切手が作れたら5かも) 疲労回復度=2



写真はカタール館出口付近。写真のように
カタール人に写真を撮ってもらっていますが
この写真を切手にしてくれるとのことで、長蛇の列でした
なんせ、無料なんで・・


この日は長蛇の列ですが、日本人の警備の人に聞いたら
「ココのコーナーはランダムに開催されてて、定期的じゃないんです」

・・そういえば、三回入ったけど三回目だけやっていた・・

で、肝心の展示は、結構、手の込んだ展示でゆっくり見たいのですが
通路が狭いせいか、人の流れに逆らえずにさっさと進んでしまいました
石油の国らしく、展示もあれこれあるので
興味のある方は、空いた時間にゆっくり見学するのをオススメします
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-08 21:20 | グローバル・コモン1
d0012252_1865014.jpg
d0012252_1884140.jpg





おことわり
こぼれ話があまりに増えたので、各コモンでのこぼれ話は
コモンの書庫に移動させました


写真左はグローバル・ループ
グローバル・コモン3と4の間の辺りです

ちょっと見づらいですが、日よけの屋根の部分の
白いチューブ上のところからミストが頻繁に出ています


あちこちでミストを浴びましたが、ミストの放出口付近より
ちょっと風下あたりにいると、よりひんやり感じました


ループでも出るようになったのは7月5日(と報道で見ました)
これまでも、写真右のグローバル・コモン2の入り口付近の地面からのミストや
「地球タイヘンだ大講演会」の入場待機場所の屋根からのミストを
見ましたが、これがあちこちで頻繁に出されるようになったようです

初日は「このミストのおかげか、熱射病で救護施設に運ばれてくる人は
ゼロだった」と報道されていましたが、ミストの下で、
真っ赤な顔でぐったりしている男性(ただの酒の飲みすぎか?!)を
何人か見ました

でも、愛知県の暑さはこれだけではとても防げないと思います
それほど、根性の入った湿度がからまった暑さがあるのです
ただ、ちょっとはマシ・・ってかんじかな・・

帽子などの暑さ対策はお忘れなく。今後はサングラスも必要かも。
空いたパビリオンを見つけて休憩しながらの見学も賢明かな・・
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-07 18:10 | 愛・地球博こぼれ話
d0012252_2122429.jpg
彼はグローバル・コモン3・フランスとドイツのパビリオンの出口付近にある
お土産品売り場のあたりにいました

身長はやや小さめで、雰囲気はフランス人みたい
フランス人だと思い込んで話しかけたらドイツ人でした

写真をとってもいいですか?と聞いたら
まるで日本人みたいなポーズでピースサインを出してくれました

風貌も働きぶりも、お坊ちゃま風
フランス人アテンダントとも楽しそうにお話ししていました

あ、実物はうんと素敵です(写真うつりは悪いですなあ・・)

昔からの私のイメージは
ドイツ人はがっちりしていて大きく、フランス人は小さく痩せている・・
というものですが、両国は隣接する地続きの国なんだから
いろんな人がいるわけですね
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-06 21:03 | 世界イケメン選手権
d0012252_20513927.jpg
写真はボールペン
アフリカ共同館(グローバル・コモン5)の
カメルーンのお土産販売ブースで買いました

持ち手のあたりは木製で緑と赤のガラスが宝石チックに
埋め込まれています。
200円なら思い出用でもいいかと・・
ただしキャップはなく、ペンの先はむき出しです

気をつけなきゃいけないのは
時々、かけないものがあること


私はペンがそのときに必要で買ったので、その場でメモ書きを
はじめたら、書けない!!インクが出てこないのです

使い方が悪くて書けないのかと思って売り場のカメルーン人に
「これどうやって書くの?」ってきいたら、にっこり微笑んで
書けるペンに代えてくれたけど・・
書けないペンは、元の販売場所に戻されていました・・・・!?
ああ・・おおらかというか・・

皆さんが買う場合はどこかで試し書きをしてから買ってください
ちなみに、インクは青色でした


アフリカ共同館は、国が違っても仕入れ場所が同じ場合があり
(と販売の日本人のお姉さんが言っていた)
違う国でも同じものが、場合によっては、なぜか違う価格で
販売されています

アフリカ館でおみやげ物を探すなら、ひとまず全部の国のブースを見て
検討してから買いましょう。
キリンの置物はあちこちにあるし、価格も違うし・・
その国だけしか売っていないものものをそこから
探し出すのも、なんだか、楽しい・・・

そんな探し方をしていたら、アフリカ館は広いから
それだけで一日終わってしまいそうですけどね
だから、このペンも他の国のブースでも売ってるかも・・
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-05 20:54 | オススメお土産
d0012252_13575970.jpg
写真は七月上旬のアフリカ共同館チャド共和国のブース
入場禁止で、何も展示はしてありません
会期が半分以上すぎたのに、まだオープンしていないのです

今年の一月に博覧会協会の人から
「担当者さえつかまらない国があって困っている」とは聞いていたけど
会期が始まっても・・・?

新聞報道では、チャド共和国と交流準備を進めてきていた自治体の人も
困っているとありました・・

おおらかなのか、国内が混乱しているのか、財政事情の問題なのか・・
いまだに担当者がつかまらないのか・・原因は分かりませんが
いろいろな国があるんだなあと・・つくづく思った次第・・

追加情報
開幕108日目にして、やっとオープン!と報道がありました
しかしチャド人アテンダントの来日は八月になるとか。
それまでは日本人が対応するそうです
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-04 13:57 | グローバル・コモン5
d0012252_1304891.jpg
d0012252_1305872.jpg
d0012252_1311484.jpg

ヨルダン館(グローバル・コモン3)5段階評価
満足度=2(死海体験とか泥パックできたら5) お勉強度=2 娯楽度=2 疲労回復度=2


ヨルダン館のメインは死海体験をする人々を高い位置から見ること・・

写真のうつりがわるいのですが、真ん中の明るい部分が死海の水があり
そこに3人ぐらいが心地よさそうにういていました

ということは、一日で体験できる人の人数は
ヨルダン館に来る人の数百分の一ってかんじでしょうか・・

料金を払い予約ができると水着とタオルを借りて
死海体験できますが、こちらも人気です

午前中のごくい時間の予約すれば早めに体験できますが
タイミングを逃すと、午前中予約でも午後四時になってしまうそうです。
泥パックも予約が必要なようです

見逃していけないのはお土産売り場
写真右のように透明な瓶に、色がついた砂を少しずつ入れていき
砂漠を歩くらくだの絵とかを描いてしまうのです
(出来上がったものは二千円代で販売中)

その作業の様子がヨルダン館の一番のウリかもしれません

そのほか女性には、泥パックを中心とするエステ商品が販売中で
べらぼうに高くはないので、エステ好きな方にはオススメです

追加情報
コメントに、肌に傷がある場合は注意・・・など、書き込んでいただきました
死海体験する場合は、注意書きを呼んで、承諾して・・という
ことになるそうです。
肌が敏感な人も注意が必要でしょう
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-03 13:03 | グローバル・コモン3
d0012252_20354263.jpg
ちょっと(というかかなり)若いけど、今回のイケメン君
グローバル・コモン5のアフリカ共同館の出入り口付近
モーリタニアイスラム共和国のブースに
ひとりでいて接客していました

背の高さからいくと6歳ぐらい
アテンダントの父親がいなかったので、代わりに来客を一人で案内してました
簡単な日本語も話していてその懸命なガイドぶりといったら・・


彼の心の中に、日本は万博はどう映っているんだろうか・・・

途中、背が2メートルぐらいある同じ国のオッサンが来て
「オウ、坊主!元気か?ちゃっとやっとるか?」と頭をナデナデされて
「うん、ちゃんとやってるよ!」とハキハキ応えてました
その姿は万国共通でした

将来のイケメンということで、健気さに心打たれて紹介させていただきました
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-02 20:35 | 世界イケメン選手権
d0012252_8183583.jpg
とってもなが~いソフト。30センチという高さのため
びっくりグルメということで、よくテレビにも出ます


グローバル・コモン2、中米共同館まえあたりの
ビクトリアバーベキューガーデンで600円販売しています

写真はポスターを撮影したのでうつりが良くありません

ここでは中南米のバーベキュー料理や伝統料理などが
ビュッフェ形式で販売されています
なんだか油が多めの肉料理が多いけど
食べたことない料理が並んでいるので
こちらも話の種にいいかも

内覧会のときから話題でしたが
最近行ったらソフトだけの販売窓口ができていたような・・

コレだけ暑くなると,溶けてしまうまでに一人で全部食べきるのは
若い人以外は難しいかもしれない
しかものんびり食べていると「アイス倒壊」の恐れがあります


だから、一つのアイスをきゃあきゃあ言いながら食べるにはいいかも
しれませんね!?
つきあい始めたカップルのお二人、いかがですか??
[PR]
# by akobei2004 | 2005-07-01 08:20 | 愛・地球博グルメ?!
d0012252_18465567.jpg
どうしても見たい一箇所を予約した後は、混雑を避けて
すいているパビリオンを見ればいいという人も多いはず

でも入場者10万人を超えると、
おもだった外国パビリオンにはほとんど行列ができます
すいているパビリオンのほうが少ないぐらいです
通路でさえ通行規制がかかることも出てきました

ゲートから遠いグローバル・コモン4は
ゲートに一番近いグローバル・コモン6ほどの混雑はないようですが
それさえも10万人を超えると大差がなくなります

すいているパビリオンは二種類
1)ショーをやっていてそれ以外見るものがあまりない
2)展示が地味で国に認知度がなく人気がない


1)はアルゼンチンなどのパビリオン。こういうの結構多いです
写真はアルゼンチン館の前のはりがみで
一時間に一度、十分のショーをすると書いてあります
定期的なショーは楽しめそうですが
それ以外にはほとんど展示がないのでつまんないのです。
へたするとアテンダントもいません
ただ暑い時期には休憩場所にはなりますね

ねらい目は(2)です
知らないからこそ、取材する勢いでアテンダントに聞いてみるのもテ
宗教、母国語、民族衣装、展示に対する質問などしてみましょう
聞くとものすごい貴重な展示がされていると分かることがあります
日本語ができるアテンダントも多いし、国際交流にもなりますし・・

個人的には、グローバル・コモン4入口近くのコーカサス共同館
そして
アフリカ共同館がオススメ(こちらはときどき英語も通じないこともあるけど)

各コモンのステージでは一日に何度もショーをしています
会場のあちこちにいる黄色のユニフォームのボランティアさんに
「イベントガイド」をもらって、開催時間を確かめて楽しむのもいいでしょう

ついでに「レストランガイド」ももらっておきましょう

万博は「万国」博覧会。国との出会いを楽しむところです
一つの場所で百数十カ国との出会いがあるのですから、見方次第でとても魅力的

つまり工夫をするかしないかで、万博を楽しめるか否かが決まるのです
というか生活の楽しみ方が上手かどうかが
分かってしまう場所が万博なのかもしれません

[PR]
# by akobei2004 | 2005-06-30 18:52 | 会場に行く前に必見!!
d0012252_1912233.jpg
インドネシア館(グローバル・コモン6)の
出口付近など二箇所で売っている蝶々
どうも作り物でなく、本物の蝶々を着色し飾りをつけたかんじです

色はこのほかに赤などがありました
蝶々の大きさは日本のアゲハチョウぐらいの大きさ

細い針金状の軸と持ち手の部分で30センチぐらいです
針金状のところがばねのようになり、蝶々がフワフワ動きます


花のようにつぼ入れられて、100個ぐらいたばになって売っています
花束と見逃してしまうかもしれません

200円ならいいかな・・
こちらも若い女性に人気でした
[PR]
# by akobei2004 | 2005-06-29 19:01 | オススメお土産
d0012252_2131029.jpg

写真はイラン風紅茶200円
グローバル・コモン1のイラン館内、入って正面突き当たり付近で
販売されています

手ごろな価格と紅茶用の器や器具が魅力があるのか大人気
暑い日でも、飛ぶように売れていました


味は「濃い紅茶」ってかんじ
(グルメじゃないので紅茶の味が分からず表現できません)
添えられた角砂糖を口に含みながら紅茶を飲むのだそうです
酷暑の中での熱い紅茶は結構疲労回復効果があるみたい
イラン館におこしの節は、体験してみてください
中近東の雰囲気たっぷりの中での紅茶は一味違うかも
[PR]
# by akobei2004 | 2005-06-28 21:04 | 愛・地球博グルメ?!