万博その後と周辺情報を50のルポで紹介。開催期間中の思い出は210のルポでふりかえってください!


by akobei2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
d0012252_1828283.jpg
閉幕してもう五十日以上たちました
遠くから見ると、展覧車の建物の赤い壁がもう見えないので
かなり建物の取り壊しがすすんでいるんだろなと思われます

この落書きはスイス館にあったもの
九月末に撮影したものです

外国間でも早いところはほとんど撤収済のところもありました
スイス館もかなり早めに作業が終わった様子でそのときは人がいませんでした

出口付近からレストラン側を見ると
”LINIMO FOEVER”って書いてありました


とっても陽気で背が高くてハンサムなお兄さんぞろいだったスイス館
落書きもなんだか陽気でうれしくなりました
帰国後も皆さん元気でやっているのかな~となつかしくなりました

[PR]
# by akobei2004 | 2005-11-16 18:33 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_19465034.jpg




この写真は外国館の撤収作業がたけなわの十月上旬に撮影しました
これはイギリス館入口です

おおかたの展示物の撤収が終わると、こうしてゴミが外に出してあるんです
ゴミがこうして出ていると、風にふかれて、ゴミがすごく飛び散るんですね

ですから会場内はいたるところにゴミがおちていました


でも良く考えたら、万博開催期間中は食べ物の販売場所周辺以外、
ほとんどゴミが落ちていませんでした
この写真の頃に比べると、グローバルループなんて
ゴミは皆無といえるぐらいキレイでした

それだけ会場内の掃除もされていたということでしょう

閉幕してから気がつくことって、いろいろあるんですね
[PR]
# by akobei2004 | 2005-11-14 19:49 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_205997.jpg
これは9月22日に、愛・地球広場で撮影したあの画面の一部
中国の歌手が出演し、そのバックに出ていました

左側の緑色のところがシンボルマークです

なんの絵なんだろう?というところですが、NHKの放送では
「これは世界の”世”をデザインしたものです
 その下がつながって2010の西暦を表していてい
 世のデザインの上の丸ふたつが、月と太陽をあらわしています」

と言っていました

ふううん、そうなのか・・
カンの鈍い私は、そのとき初めてわかりました
日本人なら世界の”世”だって分かるところが、なかなか粋ですね
[PR]
# by akobei2004 | 2005-11-12 20:12 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_16115410.jpg



ローカルのテレビ局では、万博で展示されたり活躍したものが
どこに行ったかという報道がちょくちょくされています

写真はご存知トラムです。万博会場でグローバルループの上を
まわっていたアレです(私は乗ることなく閉幕してしまいました)
当ブログの常連さんが長島温泉に行ったときに撮影したものを
お借りしました


このトラムたちは長島温泉の「ナガシマリゾートトラム」として
すでに再デビューを果たしています。
ナガシマリゾートの駐車場と玄関の約一キロを6分間で運行するとのこと
下は長島温泉のトラム関連のサイトです。無料で乗れるそうです

http://www.nagashima-onsen.co.jp/data/d131_1.html

さて、乗り心地はというと「万博会場より速く走っていた」とのこと

トラムのサイドには同リゾートのイメージキャタクター?のピーターラビットたちが
描かれており、この一両目には乗客は乗れなかったという話でした

担当スタッフがまだ慣れておらず、
たどたどしくトラム車内で「同トラムは愛・地球博で・・」と説明を行っていたそうです

大阪万博のときは閉幕後、
さまざまなパビリオンが移築され話題となりました。
万博会場になる前の愛知青少年公園にもフジパンロボット館がありました
老朽化でとりこわしになったころ、万博の話が進んで行ったような記憶です


取り壊しと再利用を前提にしたパビリオン作りだったために
愛・地球博ではパビリオンの移築はないのでしょうが
こうして様々なものが万博の名残を伝えてくれることになるんでしょうね
[PR]
# by akobei2004 | 2005-11-10 16:22 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_9581291.jpg

昨日は当ブログにコメントを頻繁に頂いているお二人の女性と
リニモ公園西駅すぐのコメダ珈琲店で待ち合わせて
ミニオフ会を開催しました。三人とも、名物シロ・ノワールを食べました

この店からは大観覧車がとてもよく見えます
観覧車下付近の木々の紅葉が、秋の深まりを伝えています


一人は一歳児の坊やを連れてきたのですが
坊やは、観覧車を見るとすぐ「キッコロ、いない!キッコロ、いない!」といいました

確かに大観覧車の中央部には画面みたいなものがあって
そこに、万博開催期間中は
本日のイベント案内や、モリコロのたわむれる姿が映し出されていました

今はその画面も真っ黒の状態で何もうつっていません
わずか一歳でも、大人が気づかないことがちゃんと見えています

写真の下のほうでは、アスファルトをはがして?
工事が進んでいるのがわかります
ここはそのまま公園駐車場になると思っていたんですが・・

一昨日仕入れた情報によると
公園計画に関しては、議論百出で二転三転しているそうです
まだまだ、はっきりしたことは決まらない様子
(ここは県の公園ですので県の動きに注目です・・)

公園のいち早いオープンを期待しているのは
周辺住民だけでなく
がら空きのリニモたちも同じかもしれませんね

[PR]
# by akobei2004 | 2005-11-08 10:01 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_1914835.jpg

昔から、モリコロは結構働き者でした。

私が最初にモリコロに会ったのは昨年三月
地域のジョギング大会で、強風の中頑張って選手を応援していました

しかし彼らの頑張りにもかかわらず、知名度はゼロに近く
ほとんど無視されていました

この半年後ぐらいから、やっと知名度が出たのです

そんなモリコロのぬいぐるみたち、会期中に
会場すぐ外の駐車場でも働いていました


写真上は、公園西駅のすぐ北の団体バス駐車場の記念撮影場所
見づらいですが、写真の両端にモリコロの後姿がありますね
モリコロが団体客のひな壇をはさむように立って撮影されていたんです

半年の労働で、二人ともすっかり緑の色があせ
前屈姿勢になっていました

写真下はスタッフ駐車場?で交通整理をするモリゾー
今となっては、たすき姿の健気な姿が涙をそそります

森に帰って、これからどうなるのかな~
もったいつけなくてもいいから、森から頻繁に遊びにきてほしいものですね

d0012252_19235949.jpg
[PR]
# by akobei2004 | 2005-11-06 19:26 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_20175576.jpg
愛・地球博は来年夏ごろには公園として整備されてオープンする予定ですが
そのときも残されていくものがいくつか紹介されています

あんまり紹介されないけど、残されるもののひとつが、この時計塔
日本ゾーンの大地の塔の近くにあります


名古屋市名東区にアトリエを持つ夢童由里子さんの製作です

からくり時計になっていて
定時になると童子が五分間演技をします

月をイメージし、過去から未来を表現していて・・と、いうもので
その姿は流石に、名の知れたアーティストだけあります

実は私は彼女に十年ほど前にあったことがあります
そのころはまだ「人形作家」としての存在だったのです
「これからは、からくり時計にチャレンジしたい」と
おっしゃっていました

たった十年であらたなジャンルを極め
万博の歴史に残る作品をつくったんですから・・
・・・すごいですね

[PR]
# by akobei2004 | 2005-11-04 20:27 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_1728823.jpg
これは先月中旬に撮影したもの
よくみるとワンダーホイール展覧車のキャビンがついていませんし、こっちがわのJRパビリオンにはリニアモーターカーがありません


こうやってちょっとずつ、ちょっとずつ片付けて壊していくんですね
もうそろ建物も取り壊されているかな~ってところです

地元ローカル局では「万博その後」をときどきやっています

今日、個人的に入手した情報は
ドイツ館のレストランにあったカウンターが
名東区内のステーキレストランに設置されるとのこと
十一月終わりごろになると、設置工事が終わるそうです


無くなるもの、あらたに息を吹き返すもの・・
いろいろですね・・
[PR]
# by akobei2004 | 2005-11-02 17:34 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_1703020.jpg
これは九月末日にアフリカ館前で撮影した写真
彼は、館内の後片付けをして帰る途中でした

とにかく語学力の無い私、勇気を振り絞って聞きました

(彼の横にあるのは、大きめの彫刻です)

「この彫刻はどこに行くんですか?」
「国に戻す」
「どこの国?」
「・・○▽☆◇」(すでに聞き取れない)

「では日本人はどんなところが良いですか?」
そう聞くと彼は、ゆっくり
「良く働いて礼儀正しくてまじめなところ」
と答えてくれました

ところが
「んで、悪いところは?」と聞くと
突然すごい早口でまくし立てました

その間、約一分
私の目をじっと見て必死で何かを訴えていました

でも・・ほとんどわかりませんでした。でもうなずきながらきいてました

あまりに早口なのと、なまりがひどい(コレ言い訳です)のと
自分にヒアリング能力がないのと・・・

一つ分かったことは、万博の仕事にかなり不満を持っていたこと

慣れない土地でなれない食べ物で、国民性の違う人と仕事をし
国民性の違うお客さんがどど~~っと来るわけです

たいへんだったんだな~

と思いました。きっと受け入れ側の日本人もたいへんだったんだろうな~
[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-31 17:15 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_9575813.jpg
今日も地元のテレビではやっていましたが
藤が丘のリニモ滞留施設って、ごらんのようにもう更地です


写真下のように滞留施設が立ち入り禁止になったのは
閉幕翌日の九月二十六日

その後、すぐに取り壊しがすすみ十月中旬には更地になってしまいました
現在は、土を掘り起こしております

もともとは名鉄協商という会社の土地なので返却されただけなんですけど・・

名鉄ランブリングeffeというファッションビルだったのを壊して
滞留施設にして、今度は、
一~二階が商業施設、その上から五階までが駐車場という
話もありますが、あくまで予定は未定らしい

でも工事が始まっているのでもうきちんとした計画はあるんでしょうね

d0012252_9591970.jpg
[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-29 10:06 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_13463766.jpg



青少年公園時代にプールに来た人ならこれを見てすぐ分かるはず
プールにあった、スライダーなんです


会期中も屋外の部分は見えたので知っていた人も多いでしょう


ここはグローバルハウスだった所。九月三十日に撮影しました
窓にはりつけられた目隠しを撮ったら、内部のスライダーも見えてきました

私はてっきり、中のスライダーはとりはずして展示スペースにしたと
思っていましたのですがそうではなかったんですね
スライダーを壊さずに万博の展示スペースを作っていたいわけです

グローバルハウスは中の部分は、
オレンジとブルーのコースがありましたが、
青少年公園時代はプールとアイススケート場でした

閉幕後のことをしっかり考慮して、無駄が無いように
万博会場は会場作りをしていたんですね


来夏にはここの施設をはじめ、
わんぱく宝島は昔のように児童施設となって
新たに公園施設となります

そういえばわんぱく宝島も、もとの児童施設をを完全に取り払うことなく
上手に活用して、展示がつくってありましたね

もともと万博会場は、県の公園(愛知青少年公園)だった場所
今度は、どんな名前になるんでしょう

[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-26 14:02 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_19521195.jpg
写真は地下鉄本郷駅ちかくのスペイン料理ダリ
この店の片側の壁が、八月ごろからこんなふうになってます
きちんと契約を交わし、スペイン館から譲り受けたとききました
つまりスペイン館と同じものです

スペイン館の六角ブロックが懐かしめるのは
しばらくは名古屋市内ではココだけだと思います


スペイン料理店としては十年目
一説にはその前にあったお店の残党がやっているという話もあり
それとあわせると二十年以上の店ということになります

店の中は小さいんですが
オーナーがスペイン人というだけあって
本格スペイン料理で、しかも行った人によると生ハムがおいしいらしい


夜だけの営業なのですがよければどうぞ

場所は、名東区。
地下鉄東山線本郷駅の藤が丘行きの進行方向の後方の出口の階段を降りて
すぐの左前が店の入口です
六角ブロックは店を通り過ぎた道路側に立っています
[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-24 20:10 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_13205272.jpg
写真はグローバルループにあった会場地図
閉幕直前に撮影しました

なんでこんなにひびわれているのかというと
これも実験だったようなんです

聞き間違いでなければ、このプラスチック製に見える地図も
バイオマスで、土にかえるプラスチック?でできている

この素材が、日々どのように劣化し雨ざらしの状態でどの程度耐久性があるか
という経過観察がされていたというのを
ニュースで見ました

ついでに、床と言うか舗装の部分も、さまざまな素材を使い
雨が降った際の浸透性、その後の気温の変化、なども
半年間にわたって観察されていたそうです


これらは貴重な資料となって今後に生かされるというとのこと

万博は単に博覧会だけではおわっていないのです
会期中に残されたものは、まだまだこれからにつながっているのです

[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-22 13:21 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_2063289.jpg
10月23日まで名古屋市中区のナディアパークで
「トリノデザイン展」が開催されていると中日新聞10月20日朝刊市民版で・・


今年の五月に名古屋がトリノと姉妹都市提携していたのを恥ずかしながら知りませんでした・・

平成元年に「デザイン博覧会」を開いた名古屋は
ものづくりの拠点でもあり、あんまり知られてないけど各種デザインの
発信拠点でもあるのです

おそらくそういうからみの展示会なんでしょう
無料ですから時間があるからどうぞ
来年の冬季オリンピックで使われるトーチも展示されるそうですよ

閉幕直前に人ごみで気づかなかったポスターみたいなのを
やっと見つけたのがコレです
そう、トリノ冬季五輪の紹介ポスターだったんです・・


万博にかこつけて、人知れず様々なPRをしていたんですね
でもイタリア館の北側の壁あたり(という記憶)にひっそりとあったので
どれだけの人が見たのやら・・・

[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-21 20:10 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_17462399.jpg
d0012252_1746352.jpg
d0012252_17465380.jpg
スペイン館の外壁の六角ブロック一万個のうち
三千個の行き先が決まった・・・と中日新聞10月19日付朝刊・・

横浜市の2009年開催の臨海部でのイベントに1200個、
スーパー「ヨシヅヤ」に1000個
博覧会協会に600個


という内訳・・


残りは解体作業日程の関係で
残念ながら廃棄処分されるとのこと
・・・まあ、よかった・・です・・かね・・??

今日の新聞を見る直前、スペイン館の解体中の写真を撮影してました

ブロックを支えていたのは、思った以上にたくさんの金属製の細い支柱とボルト・・
ちょっと見づらいですが、三枚の写真から推測してください

そして穴あきのブロックは、シルクハットのてっぺんを切り取ったような形

そのブロック二つを、頭の部分同士を面対象に貼り付けて
外と内に色がついた面が向けてあったというのがわかりました
上右の写真は接合部の真下から撮影したものです


コモンの外側に向かっての壁面はこの日は変化が無かったのですが
フランス館側の壁はこのように下の部分がとりはずされていました

下には割れたブロックがいくつかまとめてありました

触ってみると、まさに日本の「瓦」のかんじ
色はレンガ色でその上にいろいろな色が焼き付けてありました
[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-19 17:52 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_20211529.jpg
幸か不幸か、ガスパビリオンの取り壊しに出くわしました
良く見ると、写真右側に、赤い色のクレーンのアームが見えます
その先に、大きなハサミみたいなのがついているんですね

何をやってるかと思ったら、建物一番上の円盤のはしのぶぶんを
チョキチョキ・・・っと、そのハサミみたいなもので切っているんですね

そのあと、それを支えている遠いほうの柱の部分にハサミを入れて
右左にぐいぐい~っとやったあと?逆L字型になったものを
建物下におろしている・・

この繰り返しを何度かやったあとが、写真の様子
正午ごろにこれだったから、日没ごろにはほぼ先っぽ部分は
全部なくなるのかなあ・・

つくるのは技術力を見せ付けられたけど、壊すのは力技ってかんじ
けっこうアナログでした

下の写真は電力館側からみたガスパビリオン
そしてやっぱり、ちょっと寂しくなりました
d0012252_20212956.jpg
[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-17 20:24 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_13164264.jpg
万博の外国館パビリオンにはそれぞれ、VIPルームがあったようです

そこでは来賓の接待なども行われていたのですが


それ以外に、行われていたのが自国製品のPR

マスコミや日本中の関係業者に声をかけ
場合によっては入場券付で、VIPルームにきてもらっていたようです


それが、その国の料理を披露しPRして日本の輸入元を探したり
日本では知られていない繊維素材(そのときはアルパカの親戚風のもの)
をかなり長いレクチャーで紹介したり・・・


写真はポルトガル館のコルクの木を説明する展示パネルです
世界の70%以上のシェアを誇り、九年経てば同じ木でまたコルクが再生産できる
という環境に優しい木です

ポルトガル館では関係業者を招致し
ほとんど国内で消費され輸出されない美味のポルトガルワインで接待しながら
新しいコルクの床材を紹介したそうです

会場が人でごった返す中、こんな商談が
外国パビリオンのあちこちで進んでいたことを
ほとんどの人は知らないのではないでしょうか

[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-15 13:17 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_17282599.jpg
閉幕後、会場内はグローバルループ以外は車で入れるようになった
でも車じゃないと、人気が無くて怖い場所もあるぐらい

閉幕して初めて、会場内を車で走ってみて分かったのは
ループの周りにスタッフ用道路が囲むようにあって
とても使いやすくつくってあること

d0012252_17283675.jpg

そしてその道路が青少年公園時代の道路を利用していあることだ
写真のようにサイクリングロードだったり、バスの通路だったりしている


十数年前、ソーラーカーレースでそらエモン号
(ドラえもんそのものがソーラーカーになっていた、総工費数億円のもの)
などが走っていたのも、この道のどれかだったんだろうな

こういうアングルで撮影すると、建物さえ取り払ったら
すぐ青少年公園時代に戻れそうな気がしてきた
公園として再スタートをするのは来年夏だけどね・・

ちなみに、グローバル・コモンも、キャンプ場だったり、テニスコートだったりした
ところを利用したと協会の人に聞いた・・

会場をうら舞台から見て、改めてうまくつくってあったな~と感心した次第
[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-13 17:28 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_13384314.jpg
これはサークルKサンクスで販売されていたドリンクキャップ上にくっついてた万博フィギュアです

友人にこのコレクションを撮影したものを送ってもらいました。スターウォーズシリーズなどと同じかんじだと思います


人気の電力館のほか、モリコロやマンモスもあったみたい
あまりの人気で九月上旬には売り切れてしまったようでブログでには出せずじまいでした

ところが売ってるんですよ~ヤフオクで・・
ヤフーのオークションでは「愛・地球博」「すべてのオークション」と検索すると
7000点近くが出てきます(10月11日現在)


これでは探せないので「サンクス」と入れても50点以上が・・
その中で、このキャップのコレクションは単品なら数百円ですが
7点のセットなどになると落札期限近くになると5000円近くついてくるんですね

デパートの万博セールも大盛況だそうで
しばらくは万博熱はまだ冷めないようです
[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-11 13:40 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_1328399.jpg
時期が悪かったのか、閉幕後に会場入りしたときはほとんどの外国館の中身はありませんでした
館内には荷物がほとんど無く、行ったときは看板の取り外しなどを行っていたところが多かったようです写真上はグローバル・コモン1のスリランカレストランの看板を下ろす最中の写真
d0012252_13295023.jpg

看板の支えををガンガンたたいてはずしおろしている様子は
とてもアナログチック
日本人ではなく現地の人がおろしているのが不思議ではありました

写真下はグローバル・コモン2のアメリカ館入口
なんだかよく分かりませんが、白いのが USA の看板が
一文字ずつばらされて重なって置いてある・・というかんじでした

なんか書いてても寂しくなりますね~

あ、そういえば、昨日は松坂屋名駅店に万博グッズを求めに
5000人が行列したという報道がありました


そういう前向きな明るいニュースの方がいいけど
今日も仕事で遠くまでは行かれないので、秘蔵写真にさせていただきました
[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-10 13:31 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_13144528.jpg
グローバル・ループ上のトラムがみんなまとめて?
道路わきの駐車場に肩を寄せ合うようにとめてありました


なんか大きいのにおもちゃみたいな雰囲気でした


スタッフ用道路をグローバル・コモン4方面から2方面に向かう途中に
あったような気がします

話題性と快適さが見込まれて
三重県の長島温泉の敷地内の顧客輸送に使われる
と新聞では読みましたけど、確定したんでしょうか・・・


うす~いカバーがかけてあるのでどこかに運ばれていくのは
確かなんでしょうけど・・

追加情報
十月中旬に行ったらトラムはもうここにはありませんでした
[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-08 13:17 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_18141584.jpg

たまたまドイツ館のライドの搬出作業中に出くわしました
大型のトラックに一台しか載らないんですね
結構大きいんだ~


私はNEDOとドイツ館だけはいけませんでした
だからライドはテレビや雑誌でしか見られなかったんで、
この日が初対面・・・ふ~ん、こんな青い色だったんだ・・

そこにドイツ人の担当者らしき女性が来たので
「このライドは何台あったんですか?」ときいたら
「6台・・だったかなぁ」と答えていただきました

六人乗りのライドが6台では顧客処理能力はわずか・・
とうぜん大行列が出来るわけですね

今頃どこにあるのかなあ・・・
[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-07 18:15 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_19111919.jpg
閉幕後にスタッフ専用の道路に入れるようになりました
ほとんどのグローバル・コモンは、コモンの裏側から入れるようになっています



驚いたのはグローバル・コモン1に裏から入ったときです
写真のように、中国館の見たことのない外壁が、どど~~んと見えたんです
「中国館」の看板が裏返しになっていますので大体の位置関係は分かると思います


漢字の起源とか、明朝体など書体についてとか、そんなものを意識した
アートっぽく凝ったできばえのベージュの外壁です
明らかに「見られること」を意識した外壁です

でも来場者からは見られる位置で無いんですね
中国館の奥に行きパトカーの停まっていたあたりをもうひとつ踏み込んで
やっと見られる方角にある壁です

中国館と韓国館の奥に専用道路がつながっていて、撮影したのはその道路側から。
スタッフからしか見られないんです。


連絡ミスなのか、建設場所を誤解したのか・・・
十二支をあらわしたまっかっかな外壁のイメージしかない中国館の外装

「何ともったいない・・」と思ったので
ここで皆様にみていただくことにしました

[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-05 19:15 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_9542290.jpg
この2枚の写真、片方はぴんと来る人が多いはず
上はリトアニア館です
搬出されているのはあの巨大DNAのパーツ
外に出して積み上げると結構な量です
                    コレを見たときに「閉幕なんだな~」と思いました
d0012252_9554593.jpg
下はアンデス共同館の搬出風景
外装も半分撤去されているのでこれでは何か分かりませんね

外国館の場合、このように梱包されて外側にはその国の言葉が書かれている
ケースが多いようです
そのまま本国に送られるんでしょうかね

[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-04 09:56 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_11172356.jpg
建物の外から撮影したので、じっと見ないと分かりませんが
上の写真はグローバル・コモン1中央アジア共同館の涅槃像
下の写真はグローバル・コモン4アイルランド館入口の十字架


どちらもレプリカではありますが、涅槃像は復元にも苦労したものでおそらくどこかの博物館で余生を送るでしょうし、十字架は百年前につくられたレプリカでアイルランドの博物館から持ってきたという記憶で、大事なものです
d0012252_11173514.jpg

この日はほとんどの外国パビリオンで内装が撤去され荷物も
運び出されていたのですがこういう大事なものは、傷まないようにする配慮からか、最後にされる場合が多いようです

どちらも日本人はほとんどおらず、現地の人が黙々と作業を続けていました
[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-03 11:22 | 閉幕後のひとりごと

閉幕後、9月30日のの愛・地球広場
d0012252_1461686.jpg
がら~~~んとして、撤収関係の業者しかいませんでした
なんだかうれしいらしく、写真の皆さんはこの場で集合写真を撮ってました



閉幕後の会場に行って一番驚いたのは虫の音が凄く聞こえること
コオロギ、ツクツクボーシ、昼なのにスズムシも鳴いてました

相当な数の虫が、会場のいたるところで鳴きつづけているので、
かなりの大音量です


会場の人々のざわめきで聞こえなかった(鳴けなかった)虫たちの声が
メインで会場をつつみこんでいるなんて・・

環境万博とはいいましたが、会場そのものがコレだけ自然の中に
あったんだということを改めて思いました


ループを撤収し、建物を取り払ったら
愛知青少年公園の昔の姿はすぐもどってきそうなかんじでした
[PR]
# by akobei2004 | 2005-10-01 14:08 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_175425.jpg
驚きました
だって万博の外国館の販売ブースが長久手アピタ(リニモ杁が池駅前)の二階に
あるんですもの


二階のある場所だけ黒山の人だかりだったので
夏物の投売りでもしていたのかと思ったら、万博のお土産なんですもん

表示には「インド」ではなく「インド館」とか書いてあるのがミソ
そこでみんなは「あ、万博だ!」と気づくわけです

正式の販売は今日から10月3日なんですが
おとついからたらたら準備していたらみんなが買っていってしまったらしい

インド、ネパール、ベルギー、イエメンのほかアフリカ諸国が
万博で売り切れなかったものを売っていました

ほしかったインドの豆カレーのレトルトは完売でした

相変わらずアフリカ館の太鼓の音が鳴り響き不思議な感じ
売っているのもパビリオンの人が主体で不思議な異国情緒がある・・
外人さん相手に頑張って値切っている人もいました・・・


わずかな期間でも「万博の夢の跡」ってかんじでした
[PR]
# by akobei2004 | 2005-09-30 17:05 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_12291067.jpg
これは昨年12月中旬に撮影したサツキとメイの家です
フツーの家のフツーの建築現場みたいです
(でも、今となっては秘蔵映像でもあるんすけどね)

フツーと違っているのは今の木造家屋の建築方法ではなく
古式工法?だということ(そのための職人さんを探したとのこと)

それと、エイジングという手法を使っていること


この建物は建て方から推測して昭和初期に建てられたもの。
ところが、となりのトトロの設定は昭和三十年代・・

「築二十数年の設定のはずなのに映画では家が古びた感じで表現されている」
という矛盾が出て問題化。しかし映画の雰囲気を忠実に再現するということで
建築素材をわざと古びて見せるエイジングという方法をあえて取ったそうです


でも一番タイヘンだったのは窓ガラス
当時の窓ガラスの作り方で現在は作られていないからつくるにもつくれない・・
やむなく全国の取り壊される古い家屋をまわって
探し回ったということですがどうも限界があったらしい・・・
その後の話は聞けずじまいでした


こうした細部にわたるこだわりをもう一度見てみたいですね

サツキとメイの家は、来年夏に、万博会場が公園として再開するときに
何年間かの期間限定で公開されるそうです

[PR]
# by akobei2004 | 2005-09-29 12:34 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_1742925.jpg
上の写真は閉幕してからのものではなく、昨年12月のものです
まさに万博夜明け前の姿・・・
グローバル・コモン1入口あたりから撮影しました

建物が出来てそろそろ内装がはじまるはずの時期でしたが
このコモンで本腰を入れてとりかかっていたのは、ネパール館だけでした
d0012252_17425075.jpg
全く手つかずの建物もかなりありました

関係者もかなり心配していたのですが、
この写真を改めてみると、内覧会までに間に合わなくても
開幕までにおおかた間に合ったのが不思議なぐらいです

そして写真下は、閉幕迫った9月のある日の夕焼けの様子
入場者は毎日20万人を記録していました

昨年12月でも同じような夕焼けが見えたのでしょうが
誰がここまでの賑わいの中での夕焼けを予想していたでしょう

この夕焼け空は
「これからにつながる万博」を感じさせてくれました
[PR]
# by akobei2004 | 2005-09-27 17:44 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_18513952.jpg
万博最終日には各パビリオンでさまざまな記念品が配られたそうです
昨日25日に、知人がゲットしたものをここでご紹介します

写真一番上が電力館の記念品。外壁に使用された子どもたちの絵(応募6千点から選出された50点)がポストカードになってます

d0012252_18515678.jpg
二番目がグローバルハウスの記念品。マンモス時計ですね。外側はあける方向でオレンジとブルーが出てきます。これでピンときた人はツウですね!指の下にモリゾーが見えてます!
う~ん、芸が細かい!!
d0012252_18523871.jpg
一番下がカタール館の記念品。カタールで使える切手だそうです

本業に忙しく、私の万博最終日は22日でしたが、
閉幕日の25日のテレビやFMの放送はあちこち見ました
出会った人々が何人も出ていてウルウルきました


d0012252_18524919.jpg
企業パビリオンの展示や行列が報道の軸になっていましたが
万博は人々との出会いだったんだと、自分がウルウルしたことで
しみじみと感じました

d0012252_18532234.jpg
[PR]
# by akobei2004 | 2005-09-26 18:57 | 閉幕後のひとりごと