万博その後と周辺情報を50のルポで紹介。開催期間中の思い出は210のルポでふりかえってください!


by akobei2004
カレンダー

<   2005年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

d0012252_1703020.jpg
これは九月末日にアフリカ館前で撮影した写真
彼は、館内の後片付けをして帰る途中でした

とにかく語学力の無い私、勇気を振り絞って聞きました

(彼の横にあるのは、大きめの彫刻です)

「この彫刻はどこに行くんですか?」
「国に戻す」
「どこの国?」
「・・○▽☆◇」(すでに聞き取れない)

「では日本人はどんなところが良いですか?」
そう聞くと彼は、ゆっくり
「良く働いて礼儀正しくてまじめなところ」
と答えてくれました

ところが
「んで、悪いところは?」と聞くと
突然すごい早口でまくし立てました

その間、約一分
私の目をじっと見て必死で何かを訴えていました

でも・・ほとんどわかりませんでした。でもうなずきながらきいてました

あまりに早口なのと、なまりがひどい(コレ言い訳です)のと
自分にヒアリング能力がないのと・・・

一つ分かったことは、万博の仕事にかなり不満を持っていたこと

慣れない土地でなれない食べ物で、国民性の違う人と仕事をし
国民性の違うお客さんがどど~~っと来るわけです

たいへんだったんだな~

と思いました。きっと受け入れ側の日本人もたいへんだったんだろうな~
[PR]
by akobei2004 | 2005-10-31 17:15 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_9575813.jpg
今日も地元のテレビではやっていましたが
藤が丘のリニモ滞留施設って、ごらんのようにもう更地です


写真下のように滞留施設が立ち入り禁止になったのは
閉幕翌日の九月二十六日

その後、すぐに取り壊しがすすみ十月中旬には更地になってしまいました
現在は、土を掘り起こしております

もともとは名鉄協商という会社の土地なので返却されただけなんですけど・・

名鉄ランブリングeffeというファッションビルだったのを壊して
滞留施設にして、今度は、
一~二階が商業施設、その上から五階までが駐車場という
話もありますが、あくまで予定は未定らしい

でも工事が始まっているのでもうきちんとした計画はあるんでしょうね

d0012252_9591970.jpg
[PR]
by akobei2004 | 2005-10-29 10:06 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_13463766.jpg



青少年公園時代にプールに来た人ならこれを見てすぐ分かるはず
プールにあった、スライダーなんです


会期中も屋外の部分は見えたので知っていた人も多いでしょう


ここはグローバルハウスだった所。九月三十日に撮影しました
窓にはりつけられた目隠しを撮ったら、内部のスライダーも見えてきました

私はてっきり、中のスライダーはとりはずして展示スペースにしたと
思っていましたのですがそうではなかったんですね
スライダーを壊さずに万博の展示スペースを作っていたいわけです

グローバルハウスは中の部分は、
オレンジとブルーのコースがありましたが、
青少年公園時代はプールとアイススケート場でした

閉幕後のことをしっかり考慮して、無駄が無いように
万博会場は会場作りをしていたんですね


来夏にはここの施設をはじめ、
わんぱく宝島は昔のように児童施設となって
新たに公園施設となります

そういえばわんぱく宝島も、もとの児童施設をを完全に取り払うことなく
上手に活用して、展示がつくってありましたね

もともと万博会場は、県の公園(愛知青少年公園)だった場所
今度は、どんな名前になるんでしょう

[PR]
by akobei2004 | 2005-10-26 14:02 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_19521195.jpg
写真は地下鉄本郷駅ちかくのスペイン料理ダリ
この店の片側の壁が、八月ごろからこんなふうになってます
きちんと契約を交わし、スペイン館から譲り受けたとききました
つまりスペイン館と同じものです

スペイン館の六角ブロックが懐かしめるのは
しばらくは名古屋市内ではココだけだと思います


スペイン料理店としては十年目
一説にはその前にあったお店の残党がやっているという話もあり
それとあわせると二十年以上の店ということになります

店の中は小さいんですが
オーナーがスペイン人というだけあって
本格スペイン料理で、しかも行った人によると生ハムがおいしいらしい


夜だけの営業なのですがよければどうぞ

場所は、名東区。
地下鉄東山線本郷駅の藤が丘行きの進行方向の後方の出口の階段を降りて
すぐの左前が店の入口です
六角ブロックは店を通り過ぎた道路側に立っています
[PR]
by akobei2004 | 2005-10-24 20:10 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_13205272.jpg
写真はグローバルループにあった会場地図
閉幕直前に撮影しました

なんでこんなにひびわれているのかというと
これも実験だったようなんです

聞き間違いでなければ、このプラスチック製に見える地図も
バイオマスで、土にかえるプラスチック?でできている

この素材が、日々どのように劣化し雨ざらしの状態でどの程度耐久性があるか
という経過観察がされていたというのを
ニュースで見ました

ついでに、床と言うか舗装の部分も、さまざまな素材を使い
雨が降った際の浸透性、その後の気温の変化、なども
半年間にわたって観察されていたそうです


これらは貴重な資料となって今後に生かされるというとのこと

万博は単に博覧会だけではおわっていないのです
会期中に残されたものは、まだまだこれからにつながっているのです

[PR]
by akobei2004 | 2005-10-22 13:21 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_2063289.jpg
10月23日まで名古屋市中区のナディアパークで
「トリノデザイン展」が開催されていると中日新聞10月20日朝刊市民版で・・


今年の五月に名古屋がトリノと姉妹都市提携していたのを恥ずかしながら知りませんでした・・

平成元年に「デザイン博覧会」を開いた名古屋は
ものづくりの拠点でもあり、あんまり知られてないけど各種デザインの
発信拠点でもあるのです

おそらくそういうからみの展示会なんでしょう
無料ですから時間があるからどうぞ
来年の冬季オリンピックで使われるトーチも展示されるそうですよ

閉幕直前に人ごみで気づかなかったポスターみたいなのを
やっと見つけたのがコレです
そう、トリノ冬季五輪の紹介ポスターだったんです・・


万博にかこつけて、人知れず様々なPRをしていたんですね
でもイタリア館の北側の壁あたり(という記憶)にひっそりとあったので
どれだけの人が見たのやら・・・

[PR]
by akobei2004 | 2005-10-21 20:10 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_17462399.jpg
d0012252_1746352.jpg
d0012252_17465380.jpg
スペイン館の外壁の六角ブロック一万個のうち
三千個の行き先が決まった・・・と中日新聞10月19日付朝刊・・

横浜市の2009年開催の臨海部でのイベントに1200個、
スーパー「ヨシヅヤ」に1000個
博覧会協会に600個


という内訳・・


残りは解体作業日程の関係で
残念ながら廃棄処分されるとのこと
・・・まあ、よかった・・です・・かね・・??

今日の新聞を見る直前、スペイン館の解体中の写真を撮影してました

ブロックを支えていたのは、思った以上にたくさんの金属製の細い支柱とボルト・・
ちょっと見づらいですが、三枚の写真から推測してください

そして穴あきのブロックは、シルクハットのてっぺんを切り取ったような形

そのブロック二つを、頭の部分同士を面対象に貼り付けて
外と内に色がついた面が向けてあったというのがわかりました
上右の写真は接合部の真下から撮影したものです


コモンの外側に向かっての壁面はこの日は変化が無かったのですが
フランス館側の壁はこのように下の部分がとりはずされていました

下には割れたブロックがいくつかまとめてありました

触ってみると、まさに日本の「瓦」のかんじ
色はレンガ色でその上にいろいろな色が焼き付けてありました
[PR]
by akobei2004 | 2005-10-19 17:52 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_20211529.jpg
幸か不幸か、ガスパビリオンの取り壊しに出くわしました
良く見ると、写真右側に、赤い色のクレーンのアームが見えます
その先に、大きなハサミみたいなのがついているんですね

何をやってるかと思ったら、建物一番上の円盤のはしのぶぶんを
チョキチョキ・・・っと、そのハサミみたいなもので切っているんですね

そのあと、それを支えている遠いほうの柱の部分にハサミを入れて
右左にぐいぐい~っとやったあと?逆L字型になったものを
建物下におろしている・・

この繰り返しを何度かやったあとが、写真の様子
正午ごろにこれだったから、日没ごろにはほぼ先っぽ部分は
全部なくなるのかなあ・・

つくるのは技術力を見せ付けられたけど、壊すのは力技ってかんじ
けっこうアナログでした

下の写真は電力館側からみたガスパビリオン
そしてやっぱり、ちょっと寂しくなりました
d0012252_20212956.jpg
[PR]
by akobei2004 | 2005-10-17 20:24 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_13164264.jpg
万博の外国館パビリオンにはそれぞれ、VIPルームがあったようです

そこでは来賓の接待なども行われていたのですが


それ以外に、行われていたのが自国製品のPR

マスコミや日本中の関係業者に声をかけ
場合によっては入場券付で、VIPルームにきてもらっていたようです


それが、その国の料理を披露しPRして日本の輸入元を探したり
日本では知られていない繊維素材(そのときはアルパカの親戚風のもの)
をかなり長いレクチャーで紹介したり・・・


写真はポルトガル館のコルクの木を説明する展示パネルです
世界の70%以上のシェアを誇り、九年経てば同じ木でまたコルクが再生産できる
という環境に優しい木です

ポルトガル館では関係業者を招致し
ほとんど国内で消費され輸出されない美味のポルトガルワインで接待しながら
新しいコルクの床材を紹介したそうです

会場が人でごった返す中、こんな商談が
外国パビリオンのあちこちで進んでいたことを
ほとんどの人は知らないのではないでしょうか

[PR]
by akobei2004 | 2005-10-15 13:17 | 閉幕後のひとりごと
d0012252_17282599.jpg
閉幕後、会場内はグローバルループ以外は車で入れるようになった
でも車じゃないと、人気が無くて怖い場所もあるぐらい

閉幕して初めて、会場内を車で走ってみて分かったのは
ループの周りにスタッフ用道路が囲むようにあって
とても使いやすくつくってあること

d0012252_17283675.jpg

そしてその道路が青少年公園時代の道路を利用していあることだ
写真のようにサイクリングロードだったり、バスの通路だったりしている


十数年前、ソーラーカーレースでそらエモン号
(ドラえもんそのものがソーラーカーになっていた、総工費数億円のもの)
などが走っていたのも、この道のどれかだったんだろうな

こういうアングルで撮影すると、建物さえ取り払ったら
すぐ青少年公園時代に戻れそうな気がしてきた
公園として再スタートをするのは来年夏だけどね・・

ちなみに、グローバル・コモンも、キャンプ場だったり、テニスコートだったりした
ところを利用したと協会の人に聞いた・・

会場をうら舞台から見て、改めてうまくつくってあったな~と感心した次第
[PR]
by akobei2004 | 2005-10-13 17:28 | 閉幕後のひとりごと