万博その後と周辺情報を50のルポで紹介。開催期間中の思い出は210のルポでふりかえってください!


by akobei2004
カレンダー

<   2005年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

d0012252_18465567.jpg
どうしても見たい一箇所を予約した後は、混雑を避けて
すいているパビリオンを見ればいいという人も多いはず

でも入場者10万人を超えると、
おもだった外国パビリオンにはほとんど行列ができます
すいているパビリオンのほうが少ないぐらいです
通路でさえ通行規制がかかることも出てきました

ゲートから遠いグローバル・コモン4は
ゲートに一番近いグローバル・コモン6ほどの混雑はないようですが
それさえも10万人を超えると大差がなくなります

すいているパビリオンは二種類
1)ショーをやっていてそれ以外見るものがあまりない
2)展示が地味で国に認知度がなく人気がない


1)はアルゼンチンなどのパビリオン。こういうの結構多いです
写真はアルゼンチン館の前のはりがみで
一時間に一度、十分のショーをすると書いてあります
定期的なショーは楽しめそうですが
それ以外にはほとんど展示がないのでつまんないのです。
へたするとアテンダントもいません
ただ暑い時期には休憩場所にはなりますね

ねらい目は(2)です
知らないからこそ、取材する勢いでアテンダントに聞いてみるのもテ
宗教、母国語、民族衣装、展示に対する質問などしてみましょう
聞くとものすごい貴重な展示がされていると分かることがあります
日本語ができるアテンダントも多いし、国際交流にもなりますし・・

個人的には、グローバル・コモン4入口近くのコーカサス共同館
そして
アフリカ共同館がオススメ(こちらはときどき英語も通じないこともあるけど)

各コモンのステージでは一日に何度もショーをしています
会場のあちこちにいる黄色のユニフォームのボランティアさんに
「イベントガイド」をもらって、開催時間を確かめて楽しむのもいいでしょう

ついでに「レストランガイド」ももらっておきましょう

万博は「万国」博覧会。国との出会いを楽しむところです
一つの場所で百数十カ国との出会いがあるのですから、見方次第でとても魅力的

つまり工夫をするかしないかで、万博を楽しめるか否かが決まるのです
というか生活の楽しみ方が上手かどうかが
分かってしまう場所が万博なのかもしれません

[PR]
by akobei2004 | 2005-06-30 18:52 | 会場に行く前に必見!!
d0012252_1912233.jpg
インドネシア館(グローバル・コモン6)の
出口付近など二箇所で売っている蝶々
どうも作り物でなく、本物の蝶々を着色し飾りをつけたかんじです

色はこのほかに赤などがありました
蝶々の大きさは日本のアゲハチョウぐらいの大きさ

細い針金状の軸と持ち手の部分で30センチぐらいです
針金状のところがばねのようになり、蝶々がフワフワ動きます


花のようにつぼ入れられて、100個ぐらいたばになって売っています
花束と見逃してしまうかもしれません

200円ならいいかな・・
こちらも若い女性に人気でした
[PR]
by akobei2004 | 2005-06-29 19:01 | オススメお土産
d0012252_2131029.jpg

写真はイラン風紅茶200円
グローバル・コモン1のイラン館内、入って正面突き当たり付近で
販売されています

手ごろな価格と紅茶用の器や器具が魅力があるのか大人気
暑い日でも、飛ぶように売れていました


味は「濃い紅茶」ってかんじ
(グルメじゃないので紅茶の味が分からず表現できません)
添えられた角砂糖を口に含みながら紅茶を飲むのだそうです
酷暑の中での熱い紅茶は結構疲労回復効果があるみたい
イラン館におこしの節は、体験してみてください
中近東の雰囲気たっぷりの中での紅茶は一味違うかも
[PR]
by akobei2004 | 2005-06-28 21:04 | 愛・地球博グルメ?!
d0012252_11153086.jpg
写真はグローバル・コモン4の入口付近の広場でのパフォーマンス
フランス人の若きパフォーマーの日本初舞台でした

透明なクリスタルの球(かなりの重さみたいでした)を
巧みに操りながらのパフォーマンスは
とっても不思議で楽しかった
世界でも珍しいのでは??


パフォーマンスのすばらしさに見とれていたけど
自宅に帰って写真を加工して顔をアップにしたら
王子様のような端正な顔立ちだったのが分かって驚きました

フィギアスケートの選手にもいそうなかんじですね・・

ディズニーアニメに出てくる「王子様」の顔って
「ハンサムで上品なヨーロッパ人」の典型的顔なんですね!

[PR]
by akobei2004 | 2005-06-27 11:16 | 世界イケメン選手権
d0012252_13491261.jpg
イラン館でお茶飲んでいたときに隣に居た人がもっていて
あまりに斬新なデザインがうれしくて、撮影させてもらいました

写真では分かりませんが、キリンが頭をもたげている状態です
足四つの部分まで、キリンの柄が描いてあります


三十センチぐらいの高さで、座るところにもキリンの柄
なんとシマウマ柄の椅子もあるそうです

うれしいのは永久使用できそうな堅牢さだったこと
アフリカ館で販売されているもので5000円?(未確認)は
高いとも思いますが
丈夫さとデザインの斬新さで許してしまおうかなというところ


アフリカのどの国で販売されていたかは分かりませんが
気になった方は探してみてください

追加情報
このキリンの椅子、5000円だと聞きましたが
もっと安く売っているところもあると数人から確認。
これは大人も座れる大きさですが
子供用の小さめのやつは二千円台からありました
[PR]
by akobei2004 | 2005-06-26 13:51 | オススメお土産
d0012252_1359654.jpg
サウジアラビア館(グローバル・コモン1)5段階評価
満足度=4 お勉強度=4 娯楽度=3 疲労回復度=2


入ってすぐにあるのが七十年前の輸送船舶の展示
その奥に、現代アートのような雰囲気の展示コーナーが広がります
この対比がとっても面白い

写真は、アラビアの原油の展示
同じ国の原油でも、生産地で粘り気(粘度)がぜんぜん違うということを
体験しながら知るコーナーです

大きな砂時計みたいな器の中に5箇所で生産された原油が入っています
それをひっくりかえして、原油が下に流れ落ちる時間の差を見るのです

一番右は水のようにおちるのに
一番左のはどろどろすぎてほとんど落ちてきません

水のように落ちる(粘度の少ない)原油のほうが高価だとか

林の下だか粘度が高いとか、いう地理的環境ではなく
同じ国の中の場所ごとに違うということでした
ちなみに一番粘度が高いものは海のそこから採取した原油でした


日本人アテンダントが丁寧に教えてくれました
知らなければ通り過ぎてしまう展示の中にも
おもしろいものがいっぱいありますね!
[PR]
by akobei2004 | 2005-06-25 13:59 | グローバル・コモン1
d0012252_18385660.jpg
写真を撮ります!といっても、OKという目をしただけで好きなことしてた彼

グローバル・コモン2の南米共同館入口で仕事?をしていました
まつげの長さでハンサム具合を推測してください

その仕事振りはまさに「勝手気まま」。
お疲れなのかパビリオン入口で座り込む
呼び込みは他の人任せ


ほかの女性アテンダントが日本語で「立って!」って言っても
おかまいなし

ところが突然彼がすくっと立ち上がって遠くに向かって大声!!
50メートルぐらい離れたステージで演奏をはじめた知人に
ゲキを飛ばしていたのでした

あ~あ。自由人の少年ってかんじ
でも、これが南米の働き方のひとつなんだろうなあ
人生、疲れないだろうなあ

[PR]
by akobei2004 | 2005-06-24 18:40 | 世界イケメン選手権
d0012252_2010574.jpg
d0012252_20101479.jpg
写真はグローバル・コモン2の掲示板
平日の午後六時にもかかわらず、国際赤十字赤新月館が50分待ち!!

閉場までこの行列は減らないとか
スタッフに聞いたら、日曜なら100分待ちにもなるという


当ブログで、地味だけど心を打つ内容(グローバル・コモン2参照)と
紹介したときは四月初旬
当時はぜんぜん報道もされなかったのに・・・行列ゼロだったのに・・

聞けばネットランキングで、同館が一位を独走していたことを
マスコミがかぎつけて、報道し
人気にもっと火がついたということらしい・・

世界の戦争や災害の悲惨な光景
被害者に手をのばす日赤スタッフ
その映像をバックにミスチルの「タガタメ」が大音響流れる・・
映像と曲がコラボしたときの力ってすごい・・・
そう思わせる内容です

ミスチルの桜井さんは曲の提供はしたけれど
このためではなく、画像を曲に合わせて後づけしたものと確認

それにしても、こんな重くて地味な内容を知っていて
こんなに若い人が多く並ぶなんて・・・
驚きました。日本もまだまだすてたもんじゃないさっ!!

[PR]
by akobei2004 | 2005-06-23 20:11 | グローバル・コモン2
d0012252_20275180.jpg
スリランカ館(グローバル・コモン1)5段階評価
満足度=3 お勉強度=3(伝統工芸に興味ある人なら5) 娯楽度=3 疲労回復度=2


写真はスリランカ館の天井の装飾
コモン入口近くの別館にあるスリランカカレーの店の天井もこんなふうです
でも館内が広大だけに天井も広く、ここの美しさは際立ちます
皆さんに見せたくて写真も大きめにしました


館内には、織物、木製象彫刻、真鍮板鋳造の実演が行われています

個人的には宝石をカットする職人さんに凄く興味がありました
なんせ、ヒカリモノが好きなんで・・
店舗にも巨大な天然石のアクセサリーが並んでいます
館内にもレストランがありことらも盛況でした

ただ、展示としては・・・この工芸以外のイメージが残りませんでした

大きな舞台もあるのでパフォーマンスがある時間はまた違うかも・・
[PR]
by akobei2004 | 2005-06-22 20:28 | グローバル・コモン1
万博会場内は半年でお店がペイしなくてはいけないので
おみやげ物の手ごろさに比べて、飲み食いする場合の料金が割高です

それは外国間でも同じです
レストランにみえてパブみたいなところもありますので、
特に外国館は入るときに料理のチェックが必要です

さて・・ぱっと見は、
お昼で最低でも1500円、夜は2500円?!ってかんじですが・・
これではタイヘン!!

探せば安いところもあるのです。
ですからせめて「高すぎるところはやめましょう」と呼びかける目的で
私個人が見た標準料金をここで書いていきます


食べるものなら1000円~1300円
この価格より安ければリーゾナブル。高ければ他を探してください
(ただし会場ではあまり飲み食いをしない私の主観入りなので信用度50%です)

なぜかコーヒーとカレーの販売がとても多く
コーヒーとジュースはほぼ、一杯300円(知る限りほぼ紙コップです)
カレーも1000円~1500円

高いところでコーヒー500円、カレー2000円ぐらいでした

ソフトクリームもほぼ示し合わせたように300円
(バラの花ソフト、岩塩ソフト、サクラソフトなどなど知る限り同一料金)

当ブログでは、イエメン館の800~1000円のカレー中心の料理
ルーマニアの1300円のプレート を紹介しています
ポーランド館の料理も千円前半で食べられます
200円のジュースはキューバ館などにあります

今までブログにTBやコメントをいただいたかたがたのブログに
TBする技術が私に無いので、恩返しのため
食べ物関係に関して書き込みが多いブログや、
推薦いただいたブログのアドレスをココにはっておきます


愛・地球博を食べよう
http://expotabeyo.exblog.jp/

愛・地球博レポート グルメ
http://blogs.yahoo.co.jp/expo2005gourmet

EXPO2005menu
http://members.goo.ne.jp/home/expo-menu/

今後まだ増える予定です
[PR]
by akobei2004 | 2005-06-21 16:08 | 会場に行く前に必見!!