万博その後と周辺情報を50のルポで紹介。開催期間中の思い出は210のルポでふりかえってください!


by akobei2004
カレンダー

<   2005年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

d0012252_23302055.jpg

ガスパビリオン5段階評価
満足度=3 お勉強度=2 娯楽度=4 疲労回復度=4(メインショーは座って見られる)



なぜだか話題にならないガスパビリオン
津川雅彦と古田新太という二人のベテラン俳優が映像で好演しているのに・・
プレショーのおもしろさは企業館でトップクラスだったのに・・

メインショーは若手俳優がステージで孤軍奮闘
マジック、ダンス、歌、そして炎のミュージカルを展開します
ショートしてはそこそこのまとまりです

でもあんまり感激しない・・
大阪万博当時だったらあれで十二分だったはず・・・

あれから三十五年の間に、日本人はディズニーランドやUSJを
知ってしまった・・・
多かれ少なかれ、あの手のショーに目が肥えてしまったのです

だからよほどの質の高さを提供しないと客は満足しない

なのに若手俳優は、緊張したのか、歌もダンスもイマイチ・・
(私が見たときは・・・です。でもマジックが上手な俳優さんでした)

若手俳優七人がそれぞれ一人ずつ出るから、
もしかしたらダンスや歌のうまい
俳優もいるのかもしれないけど・・・

同行の知人が言いました「半年たったら上手になってるかもしれない」
・・・もしかしたら、津川さんたちがうますぎたのかも・・
[PR]
by akobei2004 | 2005-03-31 20:35 | 企業パビリオンゾーンB
万博会場の各ゲート(入口)での手荷物検査に手間取り
入場ができないと内覧会で問題になったけど

この手荷物検査を済ませていても、
アメリカ館入り口では再度、
手荷物検査があった

それも警備員みたいなひとが何人もいて、ゲートのときより物々しい雰囲気
金属探知機を通ってやっと入場できた

テロ対策に他国の何倍も神経をとがらしているのでしょうか・・

パビリオンも大阪万博のアメリカ館のイメージとは程遠いかんじ
ほとんどが、映像でした・・・外国館をたくさん回ったのであまり印象がない・・
ボディソニックがきいていましたけど・・
[PR]
by akobei2004 | 2005-03-31 10:17 | グローバル・コモン2
d0012252_0096.jpg
国際赤十字・赤新月パビリオン(グローバル・コモン2)5段階評価
満足度4 お勉強度4 娯楽度1 疲労回復度5(寝転んで天井の映像が見られます)


ほとんど報道はされていませんが、このパビリオンはグローバルコモン2にあります
写真は出口付近の売店コーナー。同パビリオンのテディベアが可愛く並んでいます
おそらくここのオリジナルだけにマニアにはたまらないかも・・・

字の通りここは国際赤十字の機関のパビリオン。
テーマは人種を超えて支援活動を行う赤十字の活動を展示しています。
はっきりいって重いです。見ていて辛い画像も多いです

ミスチルの桜井サン作の「タガタメ」は、
カップヌードルのCM曲にもなりました
これが同館メインの「マインド・シアター」のテーマソングとして
採用され、赤十字の活動の映像のバックに流れます

各地の戦争や、インド洋大津波の被害に苦しむ人を助けたりする様子が
天井の数個のスクリーンに映し出されるのですが、
その映像が「タガタメ」に完全にマッチしていたのです

とても重い題材を「タガタメ」がわかりやすく説得してるというかんじ。
ものすごく心にずしりとくる音楽となっていたのです

心に響いたパビリオンとしてはナンバーワンかもしれません
桜井さんの才能に改めて感激しました


ファンの方によると「タガタメ」は以前のアルバム入っていたそうで、
このための作曲ではなさそうですが、
ミスチルファンには涙モノのパビリオンといえるのではないでしょうか
[PR]
by akobei2004 | 2005-03-31 00:05 | グローバル・コモン2
d0012252_20465272.jpg

グローバルハウス(センターゾーン)5段階評価
満足度=5 お勉強度=5 娯楽度=4 疲労回復度=1(マンモスだけ見ない場合は移動距離長すぎ)


大人気のマンモスは確かに必見です。
マンモスが、ミイラでななく、ナマの状態なのですから・・

でもグローバルハウスに入ってすぐには見られませんでした
やっとマンモスだけが見られるコースは出来たけど・・

そうでない場合、
NHKかソニー(入るコースでかわる)のすんばらしい映像を立って見て、
そのあと展示(月の石もあるのかな??)
などを特殊な機械を耳にあてながら見て・・その後なんです

しかもマンモスの前には「ゆっくり動く歩道」が流れています
マンモスが見えはじめて見えなくなるまで一分十数秒・・・


そのあたりを頭において見てください
並んで待ち、ハイビジョンも展示でもずっと立ちっぱなし・・・
その疲れた後でマンモス登場となります

そのあたりを頭に入れてグローバルハウスに入りましょう
[PR]
by akobei2004 | 2005-03-30 20:49 | センターゾーン・日本ゾーン
愛・地球博は、環境万博ですが、その前に、万博って「万国」博覧会なんです

大阪万博のときは「コンパニオン」だったのに「アテンダント」と名前を変えて
男性の「アテンダント」もいっぱいいます。
d0012252_21355353.jpg
大阪万博経験者の方なら、コンパニオン=美女 という図式のはず
愛・地球博でも、アテンダント≒美女・美男 でございます

実際、各国パビリオンを回ると、その国の美しい女性や美しい男性が
パビリオン前に客引きのように涼しげな笑顔で立っている・・・


混雑するなら、そっちで楽しむのもテです。
いまんとこクロアチアが超~美男美女ぞろいとのウワサです(未確認情報)

写真はグローバル・コモン2のカナダ館前のアテンダント。
背の高い上品な男性でした

写真撮影も快く受けてくれました。英語しか通じませんが、
おなじ目的のおばさまたちが、ど根性英語でお願いし、写真をとってもらっていました
でも同行した友人が「三十分にいたアテンダントのほうがずっと素敵だった!」と力説!

どうですか?会場では、万国イケメンめぐりもできるのです
[PR]
by akobei2004 | 2005-03-29 21:37 | 世界イケメン選手権
d0012252_20131958.jpg

サツキとメイの家(森林体感ゾーン)5段階評価
満足度=5 お勉強度=5 娯楽性=5 疲労回復度=3(家の中で自由にみるので座れない)


これは「サツキとメイの家」の縁の下の入り口
手前にどんぐり、奥のほうに空き缶とうっすらラムネ瓶が見えます

これでピンと来る人は相当なトトロファン。
「となりのトトロ」の物語の前半、メイちゃんが初めて小トトロを見つけて
追いかけていくと小トトロは家の縁の下に入って、メイちゃんがそこを覗き込む・・
その様子を縁の下側から描いたシーンが数秒あるんだけど、そこに空き缶とラムネが
落ちているんです

つまりその数秒のシーンさえも再現しているのが
「サツキとメイの家」ということ


そのシーンでメイちゃんがかぶっていた帽子は押入れの下段にあります

ちなみに五右衛門風呂もトイレも使用できるようなつくり(使用禁止ですけど)
古い窓ガラスを再現する職人がいないため取り壊される古い家屋を探してはもらってきたといいます
当然、台所道具もおろし金から玉じゃくしまで昭和三十年代のものです
[PR]
by akobei2004 | 2005-03-28 20:14 | 森林体感ゾーン
ヤフーのブログを開きましたが、あまりの重さでエキサイトでも同じ内容で発信をきめました。
近々引越し予定です。

d0012252_18331021.jpg

アメリカ館(グローバル・コモン2)5段階評価
満足度=3 お勉強度=4 娯楽性=3 疲労回復度=4(メインショーが座って見られる)


外国館をあっちこっちまわっていると
だんだん頭の中が混乱してきてワケがわからなくなり、飽きてもきます

そんなときは館内のアテンダントとかスタッフに遠慮なく質問してみましょう

写真はアメリカ館にはいってすぐにいるブロンズです。

だ、だれ??
説明書きもないようなので、思い切ってアメリカ人のアテンダントっぽい人に聞いてみました

Who is he?

するとブロンド美女は分かりやすくゆっくりした英語で丁寧に教えてくれました。
「彼はB・フランクリン。雷から電気をとった人です。自然の叡智のテーマにも沿い、日本人が凧になじ みがあるということでトップにもってきました。経営者としても成功して(?かな)アメリカでは   founding father と 言われています」

ふ~ん。で、founding father?ってなに?家に帰って調べたくなりました・・(創始の父だそうです)

「話しかけてみる」

コレ、ちょっと勇気がいるけど、楽しいですよ!すいてるパビリオンだって楽しさは同じだし。

ちなみに日本語ペラペラのアテンダントもいるし、他国でも英語が話せる人も多い
写真をいっしょに撮ってもらうだけでもいいじゃないですか

これこそ「万国」博覧会ならではの楽しみ方じゃないかな
[PR]
by akobei2004 | 2005-03-28 18:35 | グローバル・コモン2
d0012252_18304741.jpg

長久手日本館(日本ゾーン)5段階評価
満足度=5 お勉強度=5 娯楽性=4 疲労回復度=3(長い距離を立って移動。内容は充実)


内覧会後に一気に報道が増えたのが竹ゲージに囲まれた「長久手日本館」

「地球の部屋」球形のスクリーンの中に入って見る映像は圧巻
ナノバブルという技術のおかげで、タイと金魚が一緒に泳ぐ水槽に、じい様軍団も驚いてた

ということで、開幕前は地味な扱いだったのにトップクラスの報道量に躍進

でも、もう一つ驚いたのはこの写真の「ゾーン3」
緑の森を表現した巨大なスペースに漂う香りである

このゾーンに入るとスペース全体に森の香りが・・・
鼻が悪いので表現できないけど、ヒノキ類の香りと説明してた人がいたような・・

視覚・嗅覚で癒しを提供しているのかもしれない

香水を噴霧する展示は以前にもあっただろうけど、
こういう環境としての香りを「展示」したのは初かもしれない
[PR]
by akobei2004 | 2005-03-28 18:31 | センターゾーン・日本ゾーン
d0012252_1712779.jpg

このアテンダントロボットは北ゲートを入り
すぐの左側の太い柱の左側にいます。リアルです。とくに目の辺りが。

テレビで見たら、このテのロボットは中島美嘉やイチローの奥様に似ているのも
おられるようです

通りがかっただけですが、連続労働は三十分ほどの様子でした
出現時間がショータイムのように掲示されていました
出演しないときは、彼女はカーテンの中に隠れて見えません

四ヶ国語が話せるようですが私が見たときは体調不良だったようで
「ハロー」といわれても英語でかえさず、延々と日本語でとんちんかんな
受け答えをされていました

皆様もタイミングがよければ彼女の働く姿を見られることでしょう
[PR]
by akobei2004 | 2005-03-28 18:21 | 愛・地球博こぼれ話
第一回でパビリオン総括、内覧会ルポでオススメの楽しみ方を紹介しています
ヤフーのブログでも同じ情報を公開中。ヤフーがあまりに重いのでエキサイトでも発信しています
d0012252_14452332.jpg


トヨタ館5段階評価
満足度=5 お勉強度=5 娯楽性=4(ロボットには乗れないので) 疲労回復度=5(座って楽しめる)


「人気一人勝ち」とまで報じられたトヨタ館
音と光とロボットの完成度の高いショーです。
最初にトランペット?をふくロボットは人工の肺で本当にふいていますよ!注目です

でも、私の場合はもっと感動したパビリオンもあったんだけど・・なんせ「万国」博覧会だもの

トヨタ館は、ステージを囲むように客席があるのですが、二階からはやや遠い
でもサービス精神満点で一階と二階の席の間の通路に写真のように何度かアイボットたちが
来るんですね

ついでにアテンダントのお姉さんたちも、ライトがあたっていなくても
アイドルチックに手拍子をしたりがんばっています
そのけなげな姿に、世のお父さんたちはうっとりするのではないでしょうか
[PR]
by akobei2004 | 2005-03-28 14:46 | 企業パビリオンゾーンB