万博その後と周辺情報を50のルポで紹介。開催期間中の思い出は210のルポでふりかえってください!


by akobei2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:グローバル・コモン5( 5 )

d0012252_184652100.jpg
写真はグローバル・コモン5アフリカ共同館のジブチ共和国の展示
この国の食料自給率はわずか3%!

日本が低いと言ってもココまで低くはないから
驚きました

日本から農業普及のための指導に行っているとか
写真は、ジブチの農業拠点のミニチュアのようです

パビリオン内の端っこに、ひっそりと展示されていましたが
見つけたときはなんか、ぐさりときました


ミニチュアのつくりの素朴さがかえって説得力があります

それにしても、こういう国にも日本人が活躍されていると思うと
頭が下がる思いです
[PR]
by akobei2004 | 2005-07-23 15:47 | グローバル・コモン5
d0012252_13575970.jpg
写真は七月上旬のアフリカ共同館チャド共和国のブース
入場禁止で、何も展示はしてありません
会期が半分以上すぎたのに、まだオープンしていないのです

今年の一月に博覧会協会の人から
「担当者さえつかまらない国があって困っている」とは聞いていたけど
会期が始まっても・・・?

新聞報道では、チャド共和国と交流準備を進めてきていた自治体の人も
困っているとありました・・

おおらかなのか、国内が混乱しているのか、財政事情の問題なのか・・
いまだに担当者がつかまらないのか・・原因は分かりませんが
いろいろな国があるんだなあと・・つくづく思った次第・・

追加情報
開幕108日目にして、やっとオープン!と報道がありました
しかしチャド人アテンダントの来日は八月になるとか。
それまでは日本人が対応するそうです
[PR]
by akobei2004 | 2005-07-04 13:57 | グローバル・コモン5
d0012252_15504957.jpg
アフリカ共同館の評価は昨日書いたとおり

入り口すぐにあるのがこの写真の頭蓋骨です
厳重にケースにおさめられています

「現代人最古のホモサピエンスとして1997年に発見された頭蓋骨です
 10~13万年前のものと推定されておりアフリカ人類起源説を
 裏付けるものです」と日本人のアテンダントの説明

「え?最古って、350万年前のヤツ(昨日書いたルーシーちゃん)じゃないの?」
とたずねると
「骨も脳みそもDNA鑑定してホモサピエンスと認められた最古のものです」
とのお答え

んじゃ、ルーシーちゃんは、おサル?人間?類人猿?原人??・・

どうも人類といっても、グラデーションがあるらしい・・

とにかくDNA鑑定はあらゆる分野で活躍する
すごいものだということが分かりましたことがわかりました

あとでたいへんなものを見ることが出来たんだと気がつきました
それにしてもアフリカのことも、最近の発見も知らないことばっかり・・

進歩してるのは工業技術だけでなく、
あらゆる学問がまだ発展途上なんだと実感できた瞬間でした

ああ、万博ってお勉強になる~
[PR]
by akobei2004 | 2005-04-23 15:52 | グローバル・コモン5
d0012252_2050198.jpg
アフリカ共同館(グローバルコモン5)5段階評価
満足度=4(質問しなけりゃ2) お勉強度=4(人の起源に興味あるなら5) 娯楽度=3(買い物好きには5) 疲労回復度=1


アフリカ28カ国が共同で出す広大なパビリオン
半分展示(しかもなんか雑)だけど、半分は物産展ってかんじ

館内は、アテンダントがきまぐれにひく、太鼓の音が
雰囲気を盛り上げています

展示は、同じようなアフリカ彫刻が並んでいるし
まだオープンしていないところまであって、最初は???ってかんじでした

ところが、エチオピアのブースには、写真のような
ちょっと前に発掘された350万年前の初期人類といわれる
「ルーシー」など、すごいものが、展示されてるんです

「なんでルーシって名なの?」ってきいたら
「発見者がこれを発掘したときに
 ビートルズの”ルーシー・イン・ザ・スカイ”を聴いていたから」
ときいておどろきました。


そのほか良く見ると、そしてよくアテンダントに聞くと
意外な発見があるのがアフリカ共同館でした
[PR]
by akobei2004 | 2005-04-22 20:50 | グローバル・コモン5

d0012252_23173010.jpg
エジプト館(グローバル・コモン5)5段階評価
満足度3(考古学好きなら5かも) お勉強度4 娯楽度1 疲労回復度2(座るところはなかった?)


写真は歴史上初めて作られた紙であるパピルス
(学校で習いましたよね~)です。
左側に七千年前のエジプト文字(今は使っていません。
象形文字の一種らしい)が書かれています。
大きさは横が二十センチぐらいかな・・

私の名前をローマ字で書いたのを見て係の人が書くのですが
上の三つで日本語でひらがな二文字分。
下三文字(二本の横向きの棒状のものを含めて下の部分)で
「こ」と読むといわれました。

これ、タダじゃないんです。500円!ぼったくりと言う人もいますが、
エジプトの観光地じゃ1000円だったっていうし
個人的には永久保存版だし
草の茎の白い髄を裂いて、編んで紙にした「パピルス」を初めて
手に出来たし妙な古代文字も気に入ったので、
まあいいか・・ってプチ満足

パビリオン自体は、古代エジプトのミイラが入っていた器とか壁画とか
かなりの点数を持ってきてありました。考古学ファンにはたまらないかも・・

先人の残したものに頼りすぎ、展示や説明の工夫がされていないのは残念。
ついでにアテンダントの無気力さが気になりました
[PR]
by akobei2004 | 2005-04-03 23:20 | グローバル・コモン5