万博その後と周辺情報を50のルポで紹介。開催期間中の思い出は210のルポでふりかえってください!


by akobei2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:グローバル・コモン4( 20 )

d0012252_10233079.jpg
グローバル・コモン4.ベルギー館入口入ってすぐ右のところに
ひっそりと?おいてあるビスケットがはいった箱
無料配布だと知ったとたんに、がっぽりもっていく人がいるからか
「一個だけ」というのが強調されている張り紙がなんかおかしい・・


知る人ぞ知る、ベルギーのビスケットメーカー「ロータス」の
カラメルビスケットです。

シナモンがきいた濃い味のビスケット

歩きつかれた体には、優しいカロリー補給です

「ロータス」「ビスケット」と検索するとあちこちでネットで販売されて
いるのがわかります。なかなか人気者のようです

残念ながらいつもこのビスケットボックスがあるわけではないらしいです
いつ出るかはランダムに決まるらしい・・
私個人の場合、ここでビスケットに遭遇できた確率は50%です

[PR]
by akobei2004 | 2005-09-03 10:26 | グローバル・コモン4
d0012252_1825334.jpg
グローバル・コモン4にあるベルギー館
ファンアイクなどの巨大な絵が、光線や明るさを変えて
様々な表情を見せてくれます

写真はその中の一番大きな絵にいる女性
数十秒見ていると、こちらをじっと見ます
(時々、目線が動くんです。館内が暗い分、結構不気味です)


この女性に限らず、ほとんどの展示の絵の表情がどんどん変わります
背景が真っ暗になったり明るくなったり、夕焼け空が夜空になったり
椅子に座っている女性が動き出したり・・・

でも、日本人の感覚なら、変わるのにがせいぜい十数秒の気がしますが
三十秒~一分数十秒しないと、変わらないのです

ですからベルギー館の絵の前ではしばらく立ち止まるか
ものすごくゆっくりと移動するか・・を心がけてください
そうすると楽しみは何倍にもなりますよ

[PR]
by akobei2004 | 2005-08-13 18:26 | グローバル・コモン4
d0012252_1643310.jpg
ウクライナ館5段階評価
満足度=2 お勉強度=2 娯楽度=2 疲労回復度=2


外装の可憐さに比べて「あんまり見るものないな~」と思うウクライナ館
あっさりしすぎて、印象も無い人も多いのでは?

しょうがないので日本人アテンダントに聞いてみたら
「あちらに初めて国外に出た(考古学では)国宝級のお宝があるのですが」
と教えてくれた
それがこの写真にあるお宝群。

なのに、展示もパビリオンの端にひっそりと展示がしてある
説明書きもなければ、特別にライトがあてられているわけでもない・・・
多分、展示のプロじゃないひとが、展示に携ったんだろうなぁ


んで、なんだか分からないまま出てきてしまった・・
だれか・・これが何だったか聞いた人いませんか??
[PR]
by akobei2004 | 2005-06-15 16:06 | グローバル・コモン4
d0012252_18112817.jpg
チェコ館5段階評価
満足度=4 お勉強度=3 娯楽度=4 疲労回復度=2


チェコ館はとっても暗い照明の中、楽器がアートになった展示を
中心にされています
写真は、ピアノなんだけどひとつひとつの鍵盤の先の先が水に
接していて、弾くたびに先にある水面が揺れる・・

ほかにも石の木琴みたいなの(石琴?)とか
水琴窟みたいなのと水面のゆれのコラボとか
なんだかよく分からない展示がいっぱい
「ふ~ん」というより、「???」という印象でした

チェコのことはわからないままなんだけど
なんだか不思議な空間で五感体験したかんじでした


展示が階段状になっているのでコンサートとかもひらかれるかも

レストランがおもしろそう。今度行ってみます
[PR]
by akobei2004 | 2005-06-12 18:15 | グローバル・コモン4

リトアニア館(グローバル・コモン4)5段階評価
満足度=2 お勉強度=3 娯楽度=1 疲労回復度=2

d0012252_1331183.jpg
写真はリトアニア館内部。館内全部がこんなふうです
DNAを模した白いオブジェが館内全部に張り巡らされているかんじ
見物人はこのDNAのジャングルをくぐりながらくねくねと歩きます

そこに討論しているリトアニア人や日本人の映像などが
あったり展示があったり・・・

展示のパネル代わりになるのもDNAのアート
展示されているものもアート

個人的には「とびすぎていて、難解」

場所も不利なところにあって、でっかいイギリス館の
陰に隠れるようにひっそり小さめにたっています
しかも入り口までDNAのオブジェがはみ出していて
まるで工事中みたいなかんじで入りにくいんですよね

ただ現代アートが好きな人ならいいかも・・

追加情報
館内で流れているインタビュー内容がとてもすばらしいという
情報をいただきました。
じっくり見る人には、違う味がありそう
それに「売店も注目!」だそうです。
[PR]
by akobei2004 | 2005-06-05 13:34 | グローバル・コモン4
d0012252_2046239.jpg
ポルトガル館(グローバル・コモン4)5段階評価
満足度=4 お勉強度=5 娯楽度=3 疲労回復度=2(館内はそんなに広くありません)


写真はポルトガル館のコルクで作られた着物

ポルトガルが世界の半分以上のシェアを持つ(?)コルクを
軸にした展示、ポルトガルの自然
日本との交流の歴史が紹介されています

全体的に黒のイメージの中での展示で幻想的な雰囲気
さくさく見られるのでついつい早足になりますが

館内にはコンスタントに(私がいるときだけだったかも)
日本語になっているポルトガルの言葉が日本語対比で
流れています

カルタ・(・・とポルトガル語の男性の声)・・・カルタ(・・と日本語の女性の声)
これで、ぼうろ、てんぷらとかが、ポルトガルが語源だったことが
分かってきます

目だけからでなく、耳からも別の情報が入ってくるって言うのも
おもしろい展示の工夫だったような気がします

[PR]
by akobei2004 | 2005-06-04 20:47 | グローバル・コモン4
d0012252_17523343.jpg
コーカサス共同館は展示と売店とレストランだけだし、
その展示説明もあんまりされていないのでいつもすいてます

行列をしてまで見学したくない人は、ぜひ
すいている外国パビリオンに入っていっていろいろ質問しましょう

すいている=一見、展示がつまんない=国が力を入れていない
=本国からの派遣がないからアテンダントが日本人

という図式が成り立つのです。だから聞くのは日本語でどうぞ
通常ヒマなだけに、とっても親切に教えてくれます

すいてる外国パビリオンは日本人になじみの無い国のものだから
国の母国語、宗教、産業・・所在地さえほとんど知られていません
でも、聞いてみると驚くことが分かることがあり、
思わず展示を見直してしまうことが多いことといったら・・・・

たとえば、このコーカサス共同館・・・

写真はレプリカではありますが、(同館にあった多分グルジアの)
ホントなら純金のネックレス(ニセモノでもほしい素敵なデザイン!)
紀元前三千年(~七千年?)以上前のものなのに、すばらしい細工技術です

私「紀元前三千年って四大文明より古いとか?」
アテンダント「チグリス・ユーフラテス文明の流れだそうですが同じぐらい古いそうです」
私「す・すごいじゃないですか」

ア「しかもキリスト教が国教になったのはお隣の展示の
 アルメニア共和国が一番古く、その三十年後にグルジアがキリスト教を
 国教としました。いずれも四世紀ごろのことです」

私「古い、めちゃめちゃ古い・・・歴史が深いんですね」

世界のことって知らないことが多すぎる・・
せっかくの万国博覧会。なのに
こんなに展示があっても説明書きが少なくてアテンダントに聞くしかない
でも聞いたら驚くような発見がある・・・

入場料に対するコストパフォーマンスを求めるなら、
企業館にこだわって行列するのではなく、
攻めのパビリオン見学で楽しく世界旅行をしてみませんか?
おもしろいですよ~~!

[PR]
by akobei2004 | 2005-05-19 17:55 | グローバル・コモン4

d0012252_1617101.jpg
ミッフィーがオランダ生まれなら
タンタンはベルギー生まれだったんです

グローバル・コモン4のオランダ館の斜め前の
ベルギー館の出口あたりにタンタンがいます
こちらは、置物ですけどね

このタンタン小さめで1メートルないぐらい
でも色彩も雰囲気も本格的で結構リアルです

ショップにはタンタングッズもとりそろえております
ファンの方はぜひどうぞ!

ちなみにベルギーではタンタンっていわないんだそうです
なんて呼ばれているか、名前が長くて忘れました
[PR]
by akobei2004 | 2005-05-14 20:05 | グローバル・コモン4
d0012252_21522449.jpg
ミッフィーちゃんって、オランダ生まれだったんですね

オランダ館の前にいたミッフィーちゃん。でっかい着ぐるみです。
3メートルぐらいあって、巨大ながら可憐なお姿・・

出てきたとたんに握手と写真ぜめでした

係の人に聞いたら、いつもいるわけじゃなく
午後二時、三時、四時からの各20分間に
でてきてくれるそうです

(雨天中止だって)

見てた女の子が言いました
「あれ?ミッフィーちゃんって、あんなに足長かったっけ??」

そうえいば・・・んでも可愛いのは
さすがに世界の人気者ならでは・・ですね!!
[PR]
by akobei2004 | 2005-05-13 21:52 | グローバル・コモン4

写真はルーマニア館正面から地下におりたところにある
レストラン
トールペイントがしっかりほどこされた椅子がかわいらしい
d0012252_2147316.jpg

ここで食事をしたのですが
ルーマニア料理(ロールキャベツやチキン料理など)の
盛り合わせがリーズナブルでよかった

1300円ちょいでおなかがいっぱいになるし、
ルーマニア料理も一応知ることが出来る


他のレストランが夜だと2500円以上かかる場合が多い
ことを考えると、これは良いかも・・

ただ、展示のほうは、生演奏などが主体みたいで
そのドラムがおそろしく自己陶酔状態で
他の演奏を無視で突っ走っており
レストランで聞いていても「・・・・」となるかんじでした

ということで展示は見ないまま・・
あの演奏では入っていく気になりませんでした・・

追加情報
演奏されるのは、民族音楽だったり、クラシックだったり
あるようです
クラシック音楽はとても癒し系だったし、民俗音楽の演奏も
手拍子で盛り上がっていました
皆さんは、どの演奏にあたるかで、あたりはずれがあるかも・・
[PR]
by akobei2004 | 2005-05-11 21:48 | グローバル・コモン4