万博その後と周辺情報を50のルポで紹介。開催期間中の思い出は210のルポでふりかえってください!


by akobei2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:グローバル・コモン2( 9 )

d0012252_1834172.jpg
d0012252_1845334.jpg





国連館(グローバル・コモン2)5段階評価
満足度=3 お勉強度=5 娯楽度=3 疲労回復度=2


写真左はメインの展示のシアター。
外国館などのパビリオンの中では、おそらく最大級のスクリーンで
自然や環境などの多様性を表現した8分間の「多様性の祝祭」と題した
映像が流れます

幅が10メートル近くあるスクリーンが四角く配されそこにうつっています
題材は重めで、子どもには少しむずかしめかな??

個人的に気に入ったのは、パビリオン奥にある写真右の
「内臓肥満をウエスト周囲を計ってチェックしよう」というコーナー
自分のおなかのサイズのヒモを探し当てウエストサイズを知り
簡単に内臓肥満度をチェックできるものです
このコーナーだけは人だかりが出来ていました

[PR]
by akobei2004 | 2005-07-21 16:48 | グローバル・コモン2
d0012252_2010574.jpg
d0012252_20101479.jpg
写真はグローバル・コモン2の掲示板
平日の午後六時にもかかわらず、国際赤十字赤新月館が50分待ち!!

閉場までこの行列は減らないとか
スタッフに聞いたら、日曜なら100分待ちにもなるという


当ブログで、地味だけど心を打つ内容(グローバル・コモン2参照)と
紹介したときは四月初旬
当時はぜんぜん報道もされなかったのに・・・行列ゼロだったのに・・

聞けばネットランキングで、同館が一位を独走していたことを
マスコミがかぎつけて、報道し
人気にもっと火がついたということらしい・・

世界の戦争や災害の悲惨な光景
被害者に手をのばす日赤スタッフ
その映像をバックにミスチルの「タガタメ」が大音響流れる・・
映像と曲がコラボしたときの力ってすごい・・・
そう思わせる内容です

ミスチルの桜井さんは曲の提供はしたけれど
このためではなく、画像を曲に合わせて後づけしたものと確認

それにしても、こんな重くて地味な内容を知っていて
こんなに若い人が多く並ぶなんて・・・
驚きました。日本もまだまだすてたもんじゃないさっ!!

[PR]
by akobei2004 | 2005-06-23 20:11 | グローバル・コモン2
d0012252_8254988.jpg
キューバ館5段階評価 
満足度=2 お勉強度=3 娯楽度=3(なんか飲んだら4) 疲労回復度=3

写真はキューバ館のメインの展示
キューバの文化財となっている町並みの再現だといっていました

そこにすわって、港町の雰囲気を味わうのは休憩になっていいかも

ただ展示としてはこのスペースの隣にある映像が中心
外国パビリオンはその手の展示が多すぎて食傷気味だったので
ちゃんと見ませんでした

イベントがあったりするともうちょっと違うみたい

オススメはマンゴージュース。思ったよりすっきり飲めるし
ほとんどのジュース類が300円なのにここは200円
混んでいないパビリオンなので、夏場には
ビタミン補給のためにジュースのためだけの入館もオススメ


ついでに館内には本格的なカウンターバーがあって
男性はそこで立ち飲みしてました
酒の種類も結構会ったような気がします。のん兵衛さんにどうぞ!
[PR]
by akobei2004 | 2005-06-09 08:29 | グローバル・コモン2
d0012252_18121844.jpg
写真は中米共同館(グローバル・コモン2)のカカオの木
パビリオン中央あたりにある、植物の展示の中のひとつです

思わず日本人アテンダントに聞きました
「暑いところの木なので、こんなに涼しいとタイヘンじゃないですか?」

アテンダント「はい、一時間に一度水をやっているのですがこんな風に
一部分が枯れてきて・・カカオの実は全部落ちてしまいました」
と写真のように見せてくれました

カカオの木の敵は、涼しさだけでなく、
展示用ライトに照らされることからくる乾燥もだとか・・


それでも、懸命な世話でアテンダントには展示の草木に
母親みたいな愛情ももてるようになったそうです
おかげで新芽も出始めました・・・


それにしても、カカオの実って幹の部分から直接出ているんだ・・
オドロキ・・・でも、全部日本に来てから落ちてしまったと・・

思わず聞きました
「カカオにしてみれば、日本まで連れてこられていい迷惑ですよね?」
「・・・はい、そうかも・・」
母親役のアテンダントさん、小さな声で答えました

9月までにまた新しい実をつけるといいなあと思いました
[PR]
by akobei2004 | 2005-05-23 18:12 | グローバル・コモン2
d0012252_14395225.jpg
d0012252_14393977.jpg
アンデス共同館(グローバル・コモン2)5段階評価
満足度=3 お勉強度=3 娯楽度=2 疲労回復度=1


エクアドル、ベネズエラ、ペルー、ボリビアの共同館
五月の中旬に二ヶ月遅れでやっとこさ開館したアンデス共同館
新聞には「同館の○○館長は遅れをいっこうに気にすることなく
皆さんに満足していただけるパビリオンになったと挨拶」とあった

う~~ん。そこまで満足しなかったけど・・・
展示は、写真と映像で国内の自然などを紹介する形です

メインと思われる展示は、アーティストが手がけたものだそうで
展示なのかアートなのかがよく分からない

写真左は奥に見えるインカの王様を中心の展示。赤が基調のアートでした。
この正面には、自然の中に入っていくことで
自然破壊がされる様子を体感できる不思議なアートがありました

公式ガイドブックのイラストとは内容が全く違っていたのは
時間と正確さが大事だと思わない国民性が出てておもしろかった
確かにコレにこだわると疲れます・・


一番印象的だったのは写真右の同館入り口の「霧」
ガイドブックによると「自然の叡智あふれる楽園」を表現している
・・らしい・・・
なんだか分からないけど、夏場は同館前は涼しいんじゃないかな
ということは分かりました
[PR]
by akobei2004 | 2005-05-21 17:41 | グローバル・コモン2
d0012252_1844425.jpg
d0012252_18441449.jpg
メキシコ館(グローバル・コモン2)5段階評価


満足度=5 お勉強度=5 娯楽度=5 疲労回復度=1


広いパビリオンの中心に坂道を作り二階にのぼりぐるっとまわる通路に
メキシコの歴史や文化や自然が、アーティスティックに展示されています

音響、床面ライトの効果を駆使し、オブジェで表現するなど、
五感全部でメキシコを感じるように出来ています
左の写真は二階のコーナーで、ライトが効果的。雰囲気も素敵です
おそらく一流のデザイナーが何人かで時間をかけて手がけた感じです

右の写真は床の字の上に乗ると、正面の画面の対応するところが光る
仕組みで、子どもが夢中になりそうなものです。
こんな変わった方法で見せる展示があちこちにあります

あまり話題にはならないけど外国館ではトップクラスのできばえでは
と思います。

展示をちゃんと見なくてもなんとなくリッチな気持ちになれてしまう
不思議な雰囲気のオススメパビリオンです
[PR]
by akobei2004 | 2005-04-25 18:45 | グローバル・コモン2
万博会場の各ゲート(入口)での手荷物検査に手間取り
入場ができないと内覧会で問題になったけど

この手荷物検査を済ませていても、
アメリカ館入り口では再度、
手荷物検査があった

それも警備員みたいなひとが何人もいて、ゲートのときより物々しい雰囲気
金属探知機を通ってやっと入場できた

テロ対策に他国の何倍も神経をとがらしているのでしょうか・・

パビリオンも大阪万博のアメリカ館のイメージとは程遠いかんじ
ほとんどが、映像でした・・・外国館をたくさん回ったのであまり印象がない・・
ボディソニックがきいていましたけど・・
[PR]
by akobei2004 | 2005-03-31 10:17 | グローバル・コモン2
d0012252_0096.jpg
国際赤十字・赤新月パビリオン(グローバル・コモン2)5段階評価
満足度4 お勉強度4 娯楽度1 疲労回復度5(寝転んで天井の映像が見られます)


ほとんど報道はされていませんが、このパビリオンはグローバルコモン2にあります
写真は出口付近の売店コーナー。同パビリオンのテディベアが可愛く並んでいます
おそらくここのオリジナルだけにマニアにはたまらないかも・・・

字の通りここは国際赤十字の機関のパビリオン。
テーマは人種を超えて支援活動を行う赤十字の活動を展示しています。
はっきりいって重いです。見ていて辛い画像も多いです

ミスチルの桜井サン作の「タガタメ」は、
カップヌードルのCM曲にもなりました
これが同館メインの「マインド・シアター」のテーマソングとして
採用され、赤十字の活動の映像のバックに流れます

各地の戦争や、インド洋大津波の被害に苦しむ人を助けたりする様子が
天井の数個のスクリーンに映し出されるのですが、
その映像が「タガタメ」に完全にマッチしていたのです

とても重い題材を「タガタメ」がわかりやすく説得してるというかんじ。
ものすごく心にずしりとくる音楽となっていたのです

心に響いたパビリオンとしてはナンバーワンかもしれません
桜井さんの才能に改めて感激しました


ファンの方によると「タガタメ」は以前のアルバム入っていたそうで、
このための作曲ではなさそうですが、
ミスチルファンには涙モノのパビリオンといえるのではないでしょうか
[PR]
by akobei2004 | 2005-03-31 00:05 | グローバル・コモン2
ヤフーのブログを開きましたが、あまりの重さでエキサイトでも同じ内容で発信をきめました。
近々引越し予定です。

d0012252_18331021.jpg

アメリカ館(グローバル・コモン2)5段階評価
満足度=3 お勉強度=4 娯楽性=3 疲労回復度=4(メインショーが座って見られる)


外国館をあっちこっちまわっていると
だんだん頭の中が混乱してきてワケがわからなくなり、飽きてもきます

そんなときは館内のアテンダントとかスタッフに遠慮なく質問してみましょう

写真はアメリカ館にはいってすぐにいるブロンズです。

だ、だれ??
説明書きもないようなので、思い切ってアメリカ人のアテンダントっぽい人に聞いてみました

Who is he?

するとブロンド美女は分かりやすくゆっくりした英語で丁寧に教えてくれました。
「彼はB・フランクリン。雷から電気をとった人です。自然の叡智のテーマにも沿い、日本人が凧になじ みがあるということでトップにもってきました。経営者としても成功して(?かな)アメリカでは   founding father と 言われています」

ふ~ん。で、founding father?ってなに?家に帰って調べたくなりました・・(創始の父だそうです)

「話しかけてみる」

コレ、ちょっと勇気がいるけど、楽しいですよ!すいてるパビリオンだって楽しさは同じだし。

ちなみに日本語ペラペラのアテンダントもいるし、他国でも英語が話せる人も多い
写真をいっしょに撮ってもらうだけでもいいじゃないですか

これこそ「万国」博覧会ならではの楽しみ方じゃないかな
[PR]
by akobei2004 | 2005-03-28 18:35 | グローバル・コモン2