万博その後と周辺情報を50のルポで紹介。開催期間中の思い出は210のルポでふりかえってください!


by akobei2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:企業パビリオンゾーンA( 4 )

d0012252_20493847.jpg
JR東海超電導リニア館5段階評価
満足度=3 お勉強度=3 娯楽度=3 疲労回復度=4(メインショーは座ってみます)



山梨の実験線で時速581キロを出した超電導リニアの展示が
パビリオンの前に誇らしげにあるパビリオン

このリニアの右から入っただけなので、私が見たのは3Dシアターだけです

鉄道の歴史を説明するプレショーを立ったままで見たからか
妙に長かったような・・

肝心のシアターは巨大画面で3Dでリニアの走行シーンを見るものです
画面が大きいだけ迫力もあるし、
その鮮明さはディズニーランドもかなわないかも・・

何より、幼児が同じサイズの3Dめがねで見てもしっかり立体映像らしく
電車が大好きな入園前らしき男の子も興奮気味でした
そういう意味ではいいかもしれません

んでも、ほぼひたすら走っているシーンだけ・・・飽きます
ちょっと管制室みたいなところがうつるけど・・・
私、電車好きじゃないんで・・
女性は無言でシアターから出てきた人が多かったなあ・・

ちなみに左から入る(?未確認です)超電導の展示のほうは見ていません
リニアの実物の中に入ってみることもできるよで、未確認ですが
どうも入り口が三つあるみたいです

時間があったら超電導体験をしにいこかな~と思っています
[PR]
by akobei2004 | 2005-05-12 20:49 | 企業パビリオンゾーンA
三菱未来館5段階評価
満足度=5(子どもは3かも) お勉強度=5 娯楽度=4 疲労回復度=4(メインショーは座れます)


「三菱未来館」ときいて期待してしまうのは
大阪万博の時に人気ナンバーワンだったからかもしれません
私はインド館しか見てないのでわかりませんが・・・d0012252_11153453.jpg

さて、写真はプレショーのところに二人いた、わかまるくん
身振り手振りで、ショーの導入部分の解説を行います

「もしも月が無かったら」という題材
「月が無かったら夜が暗くて、潮の満ち干きがないだけじゃん」と
思ったらそうじゃなくて、こんなにいろいろな影響があったんだ・・

重力、進化、地軸・・と小学校低学年には難解な言葉が出てくるので
大人向きかもしれない

それでも、とにかく映像は美しく、ボディソニックなどを駆使し
映像をドラマチックに見せる方法はさすが「三菱未来館」


日立館、トヨタ館に人気を奪われた形だけど個人的には
アカデミックでオススメです
[PR]
by akobei2004 | 2005-05-03 11:15 | 企業パビリオンゾーンA
d0012252_1648973.jpg
電力館5段階評価
満足度=2(子どもは5みたい) お勉強度=2 娯楽度=4(ライドに乗るから) 疲労回復度=4


電車型のライド「フク丸エクスプレス」に乗って館内をめぐるパビリオン
ライドは上ったり降りたり、方向を変えたり、屋外が見えたり・・
そんな中で自然、日本の祭り、宇宙といったものが表現されています

写真は、おそらく日本の「四季」をあらわしたもので
緑、青、と、次々と色が変わっていってキレイでした

「TDLのプーさんのハニーハントみたい」と、サラリーマン風の人が言ってました
そんなかんじかな・・子どもは楽しめるけど
大人はちょっと物足りない・・・これに一時間並んだら怒るかも・・

あちこちで聞くと、子どもにはこれが一番人気だったりします
親子連れにはオススメかな
[PR]
by akobei2004 | 2005-05-01 16:49 | 企業パビリオンゾーンA
d0012252_20422847.jpg
d0012252_20421297.jpg

ワンダーホイール展・覧・車(企業パビリオンA)5段階評価
満足度=2 お勉強度=2 娯楽度=4(観覧車ですから) 疲労回復度=5 


日本自動車工業会が企業パビリオンとして出展しました
観覧車のカーゴの中から赤い外壁の内側の壁に映し出された
映像を見て自動車の歴史?を学びます

写真はカーゴの内側から壁の映像を撮ったのですが
壁が鏡にもなっているようで、映像とカーゴの両方が映りました

しかしこういう形では、見せる内容も量も限度があります
展示は思った以上に少なく、お??と思ったら
屋外に出て、写真のようなとってもよい眺めを見ることができます

観覧車を降りると、車関係の展示が少しだけあります
車に興味のある方は、懸命に見ていましたが私は素通りでした

観覧車があの速さで動くので、同じ時間で入場できる人数が少なく
他のパビリオンより、行列が短くてもなかなか進みません
TDLのダンボみたいなものです

「パビリオンを見る」のではなく「観覧車から会場を見下ろす」という
つもりで入場されることをオススメします

どうも、愛・地球博を象徴するような外観の建物は
パビリオンの内容の満足度はイマイチみたいな気がします

車椅子で観覧車に乗るのも可能です。
車椅子で乗る場合、一度観覧車を止めて
アテンダントが車椅子を運び入れます。
もし観覧車が急に止まったら車椅子搭乗中ということです。
故障だと心配されませんように
[PR]
by akobei2004 | 2005-04-20 20:44 | 企業パビリオンゾーンA