万博その後と周辺情報を50のルポで紹介。開催期間中の思い出は210のルポでふりかえってください!


by akobei2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

外国館イチオシ!~イタリア館(愛・地球博パビリオン情報2)

イタリア館(グローバル・コモン3)5段階評価
満足度=5 お勉強度=5 娯楽性=4 疲労回復度=3(座れないが内容充実で)


イタリア館の目玉、「踊るサテュロス」は写真奥の球形部屋の中に入っています


d0012252_1443459.jpg


3つのホールに分かれた展示は時間をかけて作り上げたものばかり。
1つめが自然をテーマとしたホールで、水や光を主題にしたオブジェが展示。
2つめの展示が「踊るサテュロス」(撮影禁止)。目玉だけに
コレを見るための行列が通路の右側にできています。
興味の無い方は左側を通って3つめのホールにすりぬけてください

でも「踊るサテュロス」は実際に見るとその迫力に圧倒されますよ
二千年以上前のブロンズ像ですが、伝わってくるものが違います

3つ目のホールは工業デザインなどを中心とした現在のイタリアを展示する部屋
その斬新なディスプレイ方法だけでも勉強している人には参考になるはず

同じヨーロッパ館でも直前までパビリオン責任者が日本に来ていなかったり
内覧会に展示が間に合わなかったりと準備不足が目立つ中
イタリア館は一年以上前から、日本側とイタリア側に事務局を置き
双方の連携の下きっちりと準備を積み上げてきたのをたまたま知っていました

できあがったパビリオンに、見事にその差が出たということです

外国館の出来不出来の差は準備期間の差と比例するのでしょう

そんな目で見てみるとまた違った面白みがありそう。
先進国だからといって、パビリオンが立派というわけではないのです
[PR]
by akobei2004 | 2005-03-27 14:04 | グローバル・コモン3